村上龍「ピアッシング」、クリストファー・アボット×ミア・ワシコウスカ共演で映画化

村上龍の小説をハリウッドで映画化、世界各国の映画祭を騒然とさせセンセーションを巻き起こした『ピアッシング』が、6月に日本公開決定。併せて場面写真も到着した。

映画 洋画ニュース
『ピアッシング』(C)2018 BY PIERCING FILM. LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ピアッシング』(C)2018 BY PIERCING FILM. LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ピアッシング』(C)2018 BY PIERCING FILM. LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ピアッシング』(C)2018 BY PIERCING FILM. LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ピアッシング』(C)2018 BY PIERCING FILM. LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • ミア・ワシコウスカ/『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』ジャパン・プレミア
村上龍の小説をハリウッドで映画化、世界各国の映画祭を騒然とさせセンセーションを巻き起こした『ピアッシング』(原題:Piercing)が、6月に日本公開決定。併せて場面写真も到着した。

主人公は自分の幼い娘をアイスピックで刺したいという衝動に駆られる男。彼はその衝動を抑えるため、SM嬢をホテルに呼び出して殺害する計画を立てる。しかし、計画は滑稽なほど思い通りにはいかない。ホテルにやってきた女は、いきなり自分自身を傷つけて倒れこんでしまう。これはリアルな悪夢なのか、シュールな現実なのか? 刃を外に向ける者と内に向ける者は、磁石のプラスとマイナスのように交わり、やがて共鳴していくのだろうか…。

『ピアッシング』(C)2018 BY PIERCING FILM. LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
本作は、愛する者にアイスピックを向ける衝撃的なシーンで幕を開け、ラスト1秒まで緊迫感が持続する、殺人衝動を持つ男と自殺願望を持つ女を描く衝撃のサイコスリラー。原作から強烈なインスピレーションを受けたのは、米インディーズ界の新鋭ニコラス・ペッシェ。デビュー作『The Eyes of My Mother』が2016年のサンダンス映画祭で絶賛され、ファンタスティック映画祭の5部門を受賞。『呪怨』のリブート版に取り組むなど、日本文化を敬愛する監督が、今回洗練されたスタイルで原作のテイストを映像化した。

出演には、「GIRLS/ガールズ」『ファースト・マン』のクリストファー・アボットと、『アリス・イン・ワンダーランド』シリーズでアリス役を演じたミア・ワシコウスカ。端整な顔立ちと静かな表情の中に抑えきれない狂気を混在させた男と、些細なことで壊れてしまいそうな危うさと美しさと孤独を抱えた女。2人が繊細かつ圧倒的な演技で魅せる。

『ピアッシング』(C)2018 BY PIERCING FILM. LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
2018年のサンダンス映画祭では再び衝撃に包まれ、熱狂的な評価が徐々に拡散。スイスのヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭では国際批評家賞と未来イメージ賞の2部門に輝いたほか、世界各国で数多くの賞にノミネートされた話題作は、原作者の村上氏も大絶賛。

また、劇中のインテリアに荒木経惟の写真を使い、和洋芸術の絶妙な親和性が作品に不思議な深みを与え、オリジナリティあふれる世界観を形作っている本作。到着した場面写真では、本作の世界観が少し覗くことができ、静かな怖さが感じられる。

『ピアッシング』(C)2018 BY PIERCING FILM. LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
『ピアッシング』は6月28日(金)より新宿シネマカリテほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top