蒼井優&竹内結子ら“家族”オフショット公開『長いお別れ』

蒼井優、竹内結子、松原智恵子、山崎努が“家族”を演じ、認知症の父とその家族の7年間をユーモアたっぷりに描き出す映画『長いお別れ』からオフショットが到着した。

映画 邦画ニュース
『長いお別れ』メイキング(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
  • 『長いお別れ』メイキング(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
  • 『長いお別れ』メイキング(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
  • 『長いお別れ』メイキング(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
  • 『長いお別れ』メイキング(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
  • 『長いお別れ』メイキング(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
  • 東家(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
  • 『長いお別れ』(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
  • 『長いお別れ』(C)2019『長いお別れ』製作委員会 
蒼井優、竹内結子、松原智恵子、山崎努が“家族”を演じ、認知症の父とその家族の7年間をユーモアたっぷりに描き出す映画『長いお別れ』。この度、本作で家族を演じた豪華俳優陣の貴重なオフショットが到着した。

>>『長いお別れ』あらすじ&キャストはこちらから

日本アカデミー賞ほか国内映画賞34部門受賞作『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督が、直木賞作家・中島京子の同名小説を映画化。父の70歳の誕生日に久しぶりに帰省した娘たち。母から告げられたのは、厳格な父が認知症になったという事実。ゆっくり記憶を失っていく父とのお別れまでの7年間、思いもよらない出来事と発見に満ちた日々を描く新たな愛の感動作だ。

『長いお別れ』(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
そんな家族“東家”を演じるのは、日本映画界が誇る豪華実力派俳優たち。中野監督が切望の末に実ったキャスティングとなった次女・芙美役の蒼井優、長女・麻里役として自然とキャスト間の“和”を作り出していたという竹内結子、チャーミングさと繊細さを併せ持つ母・曜子に松原智恵子。そして、父・昇平役には山崎努がキャスティングされているが、オファーの前から原作を読んでいたという山崎さんは、「これが映画化されるとしたら、昇平役は自分のところにオファーが来るのではないか?」と不思議な予感を感じていたのだとか。

『長いお別れ』メイキング(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
これまでの中野監督作品は、“家”がもうひとつの主人公といえる重要な役割を担ってきており、本作においても同じく欠かせない要素。今回東家の撮影場所に選ばれたのは、千葉県郊外にある一軒家。実はこの家、つい最近まで人が住んでいたそうで、“まだ人の気配がある”という点が、生きた家の空気感を感じさせている。

さらに、居間からキッチンが見えるという間取りも、中野監督作の共通点。「母親のいる場所」=「キッチン」だとすれば、そこから「家族のいる場所」=「居間」が見えるという位置関係は、本作においても欠かせない要素だったそうだ。今作を観る際には、そんな重要な“家”にも注目していただきたい。

東家(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
また今回公開されたオフショットでは、蒼井さんら女性陣が談笑する様子などが写し出され、和やかな雰囲気が伝わってくるようだ。

『長いお別れ』メイキング(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
『長いお別れ』は5月31日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top