ニコラス・ケイジ、4回目の結婚が4日で破綻!「婚姻無効」を申請

先週土曜日(現地時間)、ラスベガスで結婚許可証を取得したニコラス・ケイジ。

最新ニュース ゴシップ
ニコラス・ケイジ (C) Getty Images
  • ニコラス・ケイジ (C) Getty Images
  • ニコラス・ケイジ-(C)Getty Images
  • ニコラス・ケイジ (C) Getty Images
  • ニコラス・ケイジ (C) Getty Images
先週土曜日(現地時間)、ラスベガスで結婚許可証を取得したニコラス・ケイジ。許可証の有効期限である1年以内に恋人のエリカ・コイケさんと結婚すると予想されていたが、許可証の取得と同日にラスベガスの「ベラージオ」で結婚していたことが明らかになった。

これだけでも十分なサプライズであるが、なんと2人はすでに破局している模様。結婚から4日後の今週水曜日に、ニコラスがネバダ州クラーク郡の役所に「婚姻無効」を申請したと「The Blast」などが報じた。ニコラスは「婚姻無効」を申請したものの、それが不可能であれば「離婚」を希望しているという。4回目の結婚生活が4日で破綻とは一体何があったのか…。

昨年4月に交際が公になってから約1年。しかし、実はもっと長く交際していた可能性が出てきた。「TMZ.com」は2016年にニコラスが前妻アリス・キムさんと離婚後に「着物姿の謎の女性」との寿司デートを撮っており、これがエリカさんだったのではと推測している。同年、ニコラスはコメディアンのキャロット・トップのショーにもまた着物姿の謎の女性と2人で訪れていた。

なお、メイクアップアーティストと報じられているエリカさんだが、ロサンゼルスのタイ料理レストランのオーナーの娘で、ウェイトレスであると報じているメディアもある。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top