【シネマ羅針盤】漫画実写化の新基準、『キングダム』山崎賢人の「熱意と決意」が突き刺さる

累計発行部数3800万部を超える、原泰久のコミックを原作にした『キングダム』は、漫画実写化の新基準と位置付けられる会心の出来だ。

最新ニュース コラム
『キングダム』 (C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会
  • 『キングダム』 (C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会
  • 『キングダム』(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会
  • 『キングダム』(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会
  • 『キングダム』(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会
  • 『キングダム』(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会
  • 『キングダム』(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会
  • 『キングダム』(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会
  • 『キングダム』(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会
累計発行部数3800万部を超える、原泰久のコミックを原作にした『キングダム』は、漫画実写化の新基準と位置付けられる会心の出来だ。中国ロケがもたらす映像の迫力、ドラマ性を深めたシナリオに加えて、主演を務める俳優・山崎賢人の「熱意と決意」が胸に突き刺さる。

俳優・山崎賢人の成長ドラマとしての『キングダム』


紀元前中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍になる夢を抱く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す若き王・えい政(後の秦の始皇帝)の数奇な運命をダイナミックに描く本作。山崎にとって、今回演じた信という主人公は、重要なターニングポイントであり、俳優としてさらなる高みを極めるための、確かな第一歩となるはずだ。

『キングダム』(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会
これまでの数多くの漫画実写作品で主演を務め、良くも悪くも「よく出てる」と評された山崎だが、作品ごとに自身を真っ白にリセットし、どんな役にも染まれる姿勢こそが魅力とも言えた。しかし、そんなキャリアに山崎自身、葛藤があったのではないか。そう思わせるほど、『キングダム』での熱演には、役を演じる以上の、俳優としての自我がひしひしと感じられる。不遇な境遇から「絶対這い上がってみせる」と歯を食いしばる信の姿が、若手イケメン枠からの脱皮を誓う24歳の人気俳優に重なる…。つまり、『キングダム』は俳優・山崎賢人の成長ドラマでもあるのだ。

日本映画が新たなフェーズに突入するため、“大勝利”してほしい


『キングダム』(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会
山崎に加えて、吉沢亮(えい政/漂役)、長澤まさみ(楊端和役)、橋本環奈(河了貂役)、本郷奏多(成きょう役)、大沢たかお(王騎役)ら豪華キャストが顔を揃える。それぞれの俳優が原作のキャラクターを体現するに留まらず、「その俳優にしかできない演技」を披露している点がより重要だ(役どころだけに固執すると、コスプレ大会に終わってしまう)。結果的に、山崎演じる信の武骨さ、不器用さがくっきりと浮かび上がる、非常に計算された絶妙なキャスティングだ。

『キングダム』(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会
シナリオに目を向けると、やはり、原作者の原氏が脚本作りに深く関わり「原作に気を使いすぎて、結局何を描きたいのか見えなくなる」という失敗を回避できたことが大きい。「夢を抱くことの価値」というエッセンスを抽出し、原作ファンを満足させ、原作を知らない観客もしっかりドラマに入り込める。そして、これだけの大規模なプロジェクトを指揮し、一人の少年の野心をスクリーンで描き切った佐藤信介監督。間違いなく、いまの日本映画界ではトップの存在であり、世界を見据えたエンターテインメントを想像できる唯一のクリエイターだと断言したい。日本映画が新たなフェーズに突入するためにも、『キングダム』には“大勝利”を収めてほしいのだ。

『キングダム』(C)原泰久/集英社 (C)2019映画「キングダム」製作委員会
『キングダム』は4月19日(金)より全国東宝系にて公開。
《text: Ryo Uchida》

特集

関連記事

特集

page top