アカデミー賞受賞作を初公開!安藤桃子監督らコンペ審査員に「SSFF&ASIA」

「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(略称:SSFF&ASIA)2019」の上映作品ラインアップが決定。21年目となる今回はオンライン上映やライブ配信なども行う。

最新ニュース
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019
  • ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019
  • 第91回アカデミー賞短編実写部門受賞『スキン』(Skin)
  • 第91回アカデミー賞短編ドキュメンタリー部門ノミネート 『ブラックシープ』(Black Sheep)
  • 第91回アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネート 『週末に』 (Weekends)
  • 『アラジン』のナオミ・スコット主演『ハロー・アゲイン』(Hello, Again)
  • 世界中の輝く子役にスポット『勇敢な銃士』(The Musketeer)
  • インターナショナル部門 特別上映『試練』(ORDEAL)
  • アジアインターナショナル部門 特別上映『ホワイトデビル 金曜夜のタクシードライバー 』(White Devil; Taxi Driver on Friday Night)
米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(略称:SSFF&ASIA)2019」の上映作品ラインアップが決定。21年目となる今回はオンライン上映やライブ配信なども行い、来年のアカデミー賞候補を選ぶ審査員には安藤桃子監督、女優のかたせ梨乃、俳優の永瀬正敏らが決定した。

「SSFF&ASIA2019」では、世界130の国と地域から応募されたおよそ10,000本を超える作品の中から厳選された約200作品を、東京の5会場のほかオンライン会場でも紹介。セレモニーのライブ配信も予定しており、全国規模で映画祭を楽しむことができる。

日本初公開の第91回アカデミー賞関連作やナオミ・スコット主演作も



第91回アカデミー賞短編ドキュメンタリー部門ノミネート 『ブラックシープ』(Black Sheep)第91回アカデミー賞短編ドキュメンタリー部門ノミネート 『ブラックシープ』
上映作品は、日本初公開となる第91回アカデミー賞短編実写部門受賞作『スキン』(Skin)ほか、『ROMA/ローマ』アルフォンソ・キュアロン監督による初期作品、『アラジン』でジャスミン役を務めるナオミ・スコット主演作、フランスの美男子俳優ギャスパー・ウリエル、『運命の逆転』ジェレミー・アイアンズのなどの出演作がラインアップ。

『アラジン』のナオミ・スコット主演『ハロー・アゲイン』(Hello, Again)『アラジン』のナオミ・スコット主演『ハロー・アゲイン』
さらに、今年から合計4作品が推薦できることになった翌年のアカデミー賞につながる「オフィシャルコンペティション」「ノンフィクション」の部門に加え、「CGアニメーション部門」「地球を救え!部門 supported by リンレイ」など計10部門と、子役がきらりと光る「チャイルドアクターズプログラム supported by テアトルアカデミー」、「Shibuya Diversityプログラム」、「戦争と生きる力プログラム supported by 赤十字」など多様なジャンルのショートフィルムを紹介。

また、新たにスタートする「U-25プロジェクト supported by 日本セーフティー」では25歳以下の国内監督による5分以下の作品を、「Ladies for Cinema Project」 では世界の女性監督を特集。「Cinematic Tokyo部門」では東京都との製作作品『ホセのトーキョー夢物語』(TVシリーズ「ナルコス」のディエゴ・カターニョ主演)を特別上映する。

▼『ホセのトーキョー夢物語』予告編

オフィシャルコンペティション審査員に安藤桃子監督ら


インターナショナル、アジアインターナショナル、ジャパン各部門を審査し、各部門優秀賞およびグランプリ:ジョージ・ルーカスアワードを決定する審査員には、自身の小説の映画化『0.5ミリ』やウタモノガタリ CINEMA FIGHTERS project「アエイオウ」を手掛けた安藤桃子。

安藤桃子
さらに数多くの作品で活躍する女優・かたせ梨乃、ニュージーランドの「Show Me Shorts 映画祭」フェスティバルディレクタージーナ・デラバルカ氏、女優で作家の中江有里、『あん』『パターソン』『光』と出演作がカンヌで3年連続ノミネートされたアジア初の俳優・永瀬正敏が決定。

永瀬正敏
アカデミー賞公認映画祭である「SSFF&ASIA」は、これまではグランプリ作品1点が翌年のアカデミー賞短編部門ノミネート候補となっていたが、今年より「オフィシャルコンペティション」各部門及び「ノンフィクション」部門の優秀賞をアカデミー賞候補として推薦できる権利を獲得している。

【ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2019 概要】
■開催期間:5月29日(水)~6月16日(日)
■上映会場:東京 計5会場予定 およびオンライン会場
※開催期間は各会場によって異なり、変更になる場合もある。
・5月30日(木)~6月2日(日)iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ
・6月6日(木)~6月9日(日) 表参道ヒルズ スペース オー
・6月11日(火) 赤坂インターシティコンファレンス the AIR
・6月11日(火)~6月14日(金)アンダーズ 東京 Andaz Studio
・6月13日(木)~6月15日(土) シダックス・カルチャーホール
■ 一部の有料イベントを除き、全ての上映会場ともに無料上映
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top