タロンが歌うエルトンの名曲「ユア・ソング」お披露目!『ロケットマン』初映像

タロン・エガートンがエルトン・ジョンを演じる『ロケットマン』から初映像が到着。日本公開日が8月23日(金)に決定した。

映画 洋画ニュース
『ロケットマン』 (C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ロケットマン』 (C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ロケットマン』 (C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • タロン・エガートン-(C)Getty Images
  • エルトン・ジョン -(C) Getty Images
『キングスマン』シリーズのタロン・エガートンが伝説的ミュージシャン、エルトン・ジョンを演じるミュージック・エンターテインメント超大作『ロケットマン』。初映像となる特報の到着とともに、日本公開日が8月23日(金)に決定した。

>>『ロケットマン』あらすじ&キャストはこちらから

今回解禁されたのは、タロン扮するエルトン・ジョンが、両親から満足な愛情を注がれずに育った少年時代から、並外れた音楽の才能を認められ、瞬く間に伝説的ミュージシャンへの道を駆け上がっていく様子が、幻想的なミュージカルパートともに描き出される特報映像。

過酷なボイストレーニングを経て、劇中のエルトンの楽曲を吹き替えなしで歌いきったというタロン渾身の歌声による、エルトンの大ヒット曲「ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」も耳にすることができる。

監督を代行し、最後まで完成させた『ボヘミアン・ラプソディ』で感動を巻き起こしたデクスター・フレッチャー監督による、新たな音楽映画の誕生にますます期待が高まる映像だ。


映像には、エルトンになりきったタロンとともに、『ボヘミアン・ラプソディ』にも「クイーン」のマネージャーとして登場したジョン・リード役の『シンデレラ』「ゲーム・オブ・スローンズ」のリチャード・マッデンの姿も。

ほかに『リトル・ダンサー』のジェイミー・ベル、『ジュラシック・ワールド』シリーズのブライス・ダラス・ハワードらが出演し、『キングスマン』シリーズの監督マシュー・ヴォーンとエルトン自身も製作として参加している。

『ロケットマン』は8月23日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top