宮沢氷魚「偽装不倫」に出演! 杏が恋に落ちる“秘密”を抱えた重要な役

杏主演の「偽装不倫」に宮沢氷魚の出演が決定。意気込みのコメントも到着した。

最新ニュース
日本テレビ系夏の水曜ドラマは、杏主演の「偽装不倫」を放送。この度、本作に宮沢氷魚の出演が決定。「覚悟をもって挑むつもりです」と意気込みのコメントを寄せている。

東村アキコの新作マンガを原作とした本作は、杏さん演じる主人公・鐘子が、一人旅の中で出会った年下のイケメンについ“既婚者”だと嘘をついたことから始まる、コメディタッチのラブストーリー。

7月期水曜ドラマ「偽装不倫」 (C)日本テレビ
今回出演が決定した宮沢さんは、モデルであり、「コウノドリ」「僕の初恋をキミに捧ぐ」など、俳優としても活動するいま注目の存在。そんな宮沢さんは、鐘子が恋に落ちる男・伴野丈を演じることに。

丈はフリーのカメラマンで、10歳のときから父親の仕事の関係でヨーロッパを転々、カメラマンとして世界中を飛び回る生活を送っていたが、“あること”がきっかけで突然日本に帰国。生まれ故郷の福岡に向かう飛行機の中で鐘子に出会うのだ。

宮沢氷魚「偽装不倫」
出演決定を受け、宮沢さんは「どういう役なんだろう? と思ったら、杏さんの相手役です、と言われて。え、嘘! と思いました。そんな大役、本当に僕ですか…? と。正直、最近までドッキリではないかと思っていました。僕にとってはとても責任の大きな役ですし、まだドッキリの隠しカメラがどこかにあるのではないか…と疑っています(笑)」と心境を明かし、「実は僕自身、ずっと年上の女性と付き合ってみたいと思ってきたので、ドラマの中ですがその夢が叶うのが嬉しいです」とコメント。

丈は海外暮らしが長い役どころだが、宮沢さんは幼稚園から大学までインターナショナルスクールに通っていたそうで、「海外の男性の振る舞いを見て育ってきました。その経験を生かして、自分だから演じられる丈を、自信をもってナチュラルに演じたいと思います」と意気込み。

さらに「『偽装不倫』は間違いなく、自分の今後の役者人生を左右する大事な作品」と言い切った宮沢さん。「丈という役は、若手俳優なら皆がやりたい役だと感じています。皆さんを納得させられるくらいの『伴野丈』という人間になり切れたらと思いますし、それ以上を目指したいと思っています」と熱く語っている。

そんな宮沢さんの出演に関して原作者の東村氏は「ドラマは原作と違う設定になりますが、宮沢氷魚さんは、私も是非にと激推しした若手俳優さんです。不思議な透明感が必要なキャラだと思いますので、演じられる人は彼しかいないと思います!」と太鼓判を押している。

新水曜ドラマ「偽装不倫」は7月、日本テレビ系にて放送予定。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top