『バースデー・ワンダーランド』脚本家、どんな時代でも愛される秘訣は“変わらないことを描く”

『バースデー・ワンダーランド』の脚本・丸尾みほがどんな時代でも女性の心を掴む物語を作り続けるその秘訣とは…。

映画
『バースデー・ワンダーランド』(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会
  • 『バースデー・ワンダーランド』(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会
  • 『バースデー・ワンダーランド』(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会
  • 『バースデー・ワンダーランド』 (C) 柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会
  • 『バースデー・ワンダーランド』(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会
松岡茉優や杏らが声の出演をすることで話題のアニメーション映画『バースデー・ワンダーランド』。本作の脚本を手掛けたのは、常に女の子の心情を捉え、女性から支持される作品を手掛けてきた丸尾みほ。どんな時代でも女性の心を掴む物語を作り続けるその秘訣とは一体どのようなことなのだろうか?

>>『バースデー・ワンダーランド』あらすじ&キャストはこちらから

TVアニメ「ちびまる子ちゃん」や「こどものおもちゃ」「ピーチガール」「のだめカンタービレ」など、女の子を主人公にした作品を得意とし、これまで平成の時代を代表する作品をいくつも手掛けてきた丸尾さん。

時代と共に世界的にアニメーションにおける女性の描き方は変化しているものの、意外にも丸尾さんは「1980年代も今も内面的には変わらないと思います」と明かし、本作における主人公・アカネ(cv.松岡茉優)についても「ごく普通の女の子としてアカネを描くことを意識しました」と語る。

『バースデー・ワンダーランド』(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会
本作では、自分に自信がなく内気な性格のアカネが、強引に“ワンダーランド”の救世主にされてしまい、その世界での冒険で大きく成長する姿が描かれる。

「世界を救ってほしいと言われたら、誰だってびっくりしますし、いじめを見たら何もできない自分を歯痒く思うと思います。とくに映画の冒頭で、女子特有の友達とのギクシャクした関係を描いています。アカネはスマホを持っていますが、周りの環境が変わっても、女の子の悩みは普遍的だと思うので、そうした問題を意識しました」と続けた丸尾さん。アカネは友達付き合いで悩んでいるが、それはどんな時代でも悩み自体はあまり変わらないことであり、そんな普遍的な出来事を描くことで、いつの時代でも女性が共感できる物語となっているようだ。

『バースデー・ワンダーランド』(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会
そんな丸尾さんの脚本家としての原点は、藤子・F・不二雄作品だそう。「ドラえもん」で脚本家としてデビューし、「パーマン」「新オバケのQ太郎」などの脚本を担当。藤子先生とのエピソードをふり返り、「以前『パーマン』の集まりがあった時、帯なのでライターも20人くらいいたのですが、藤子先生が一番印象に残った作品として、私のオリジナルの作品名をあげて下さったのが、今でも密かな自信になっています」と明かしており、本作でも藤子イズムを体感している彼女だからこそ描くことのできる、感動の大冒険に期待が高まるばかり。

また今作の主人公アカネは、失くしてしまった大切な宝物を探す冒険に出る。丸尾さんがそんな本作に込めたメッセージのひとつは、“世界は広い”ということ。

「今友達関係などで悩んでいる女の子がいたら、世界は広いということを伝えたいです」と丸尾さん。続けて「学校や家庭だけではなく、もっともっと別の世界がありますし、今の悩みなんて10年後にはちっぽけなことだと思えます。一歩踏み出す勇気がない女の子には、そんなメッセージを受け取ってもらえたらと思います」と思いを語っている。

『バースデー・ワンダーランド』 (C) 柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会
子どもから大人まで、幅広い世代に愛され続ける不朽の名作をアニメーション映画化。原恵一監督がイマジネーションを爆発させて創り上げた全く新しい映像世界をぜひ、劇場でご覧あれ。

『バースデー・ワンダーランド』は4月26日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top