『スパイダーマン』最新作は“エンドゲーム”後の闘いへ!6月28日世界最速公開

トム・ホランド主演『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』から新予告の映像が世界一斉解禁、さらに日本では6月28日(金)より世界最速公開が決定した。

映画 洋画ニュース
『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
  • 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
  • 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
  • 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
  • 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
  • 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
  • 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
  • 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』日本版ティザーポスター<表面>
  • 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
トム・ホランドがスパイダーマン/ピーター・パーカーを演じる最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』から新予告と場面写真が到着! 『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレがあることについて、トムホ自らが注意喚起して始まる本映像には新シーンが続々、さらに日本では6月28日(金)より世界最速公開されることが決定した。

>>『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』あらすじ&キャストはこちらから

『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界が舞台に…


先日、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長から、『アベンジャーズ/エンドゲーム』に続くマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のフェイズ3を締めくくる作品であることが発表された本作。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。


師匠ともいうべきアイアンマンに導かれ、真のヒーローを目指してきたスパイダーマンこと高校生のピーター・パーカー(トム・ホランド)。『アベンジャーズ/エンドゲーム』を経た彼は、次なる闘いに挑むことに――。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
ピーターは夏休みに、学校の友人たちとヨーロッパ旅行に出かける。しかし、そこでニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)が突如現れ、ピーターにミッションを与える。目の前に立ちはだかる危機の大きさに、「僕はただの“隣人”だ」とピーターは怖気づくが、ニックはその使命をスパイダーマンに託す。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

“鉄の意志”を引き継ぎ、僕は闘う


ヴェネチア、ベルリン、ロンドンといったヨーロッパ都市をはじめ、各国を危機に陥れるのは、炎や水など自然の力を操るクリーチャーたち。世界に危機が迫る中、ベック(ジェイク・ギレンホール)と呼ばれる人物をニックはピーターに引き合わせる。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
別の世界”から来たという彼もまた、ピーターと共に敵に立ち向かっていく。ベックは、マーベル・コミックでは「ミステリオ」として知られる人物。本作では味方となるのか、それとも…。

映像でも見られるように、この戦いにソーやキャプテン・マーベルの力は借りられない。いま世界は、ピーター=スパイダーマンに託される!

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は6月28日(金)より世界最速公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top