映画とフランスを愛したモデル・雅子に迫るドキュメンタリー『モデル 雅子 を追う旅』

2015年1月29日、50歳の若さで逝去したモデル・雅子。4年の歳月が経った今年、モデルとして、女性としての彼女の人生を辿ったドキュメンタリー映画『モデル 雅子 を追う旅』が完成。写真家・安珠が手がけた写真が蘇るメインビジュアルとともに、予告編が公開された。

映画 邦画ニュース
2015年1月29日、50歳の若さで逝去したモデル・雅子。4年の歳月が経った今年、モデルとして、女性としての彼女の人生を辿ったドキュメンタリー映画『モデル 雅子 を追う旅』が完成。写真家・安珠が手がけた写真が蘇るメインビジュアルとともに、予告編が公開された。

19歳でモデルとしてデビューして以降、誰よりも強いプロ意識を持ち、雑誌「an・an」や「装苑」など時代の最先端で活躍した雅子。役者としてもその才能を開花し、CMや映画『リング』(’98)で貞子の母・山村志津子を演じるなど大きな話題となった。その素顔は、映画とフランスとチョコレートが大好きで、等身大の美しさを大切にするひとりの女性だった。

だが、2015年1月29日の夜明け前、モデル・雅子は稀少がん闘病の末に旅立った。そのとき、夫である大岡大介は「夫婦として共に生きながら、モデルとしての雅子をほとんど知らないまま」だったことに気づき、「モデル・雅子」の半生を追い、映画にして伝えてゆくことを決意する。自宅に積まれたままの「雅子」が登場した雑誌やビデオなどを片っ端から調べ、衝動のままに「雅子」を知る人々に、監督としてインタビューを重ねてゆく。

数多くの関係者の言葉から、生涯プロフェッショナルのモデルとして貫き通した姿勢と、どんな時代も「身の丈の美しさ」を追求し続けた、ひとりの女性としての「雅子」の輪郭があらためて浮かび上がる。そのあり方はきっと、より健やかにより美しく生きようと志す、現代全ての女性たちへの贈り物になるはず。


本作では、俳優で雅子さん出演映画『サヨナラCOLOR』で監督も務めた竹中直人、俳優の高嶋政宏ら生前の雅子さんを知る人々に夫である大岡氏が自らインタビューを敢行。美しさに隠された、愛すべき素顔が明かされる。与えられた環境の中で地に根を張りながら華麗に咲き誇り、花のように生きたひと。彼女の香りは残された人々の中に残っている。

今回解禁された本作のメインビジュアルには、写真家・安珠が20年以上前に撮影した、新人時代の雅子さんの写真を使用。椿の花を背景に少女の様な無垢さを感じさせる一方、力強い眼差しで妖艶さも魅せ、その魅力が詰まったビジュアルとなっている。

『モデル 雅子 を追う旅』(C)2019 Masako, mon ange.
なお、上映劇場のアップリンク吉祥寺では公開日からトークイベントを実施。雅子さんに縁のある豪華なゲストを迎える。

『モデル 雅子 を追う旅』は7月26日(金)~8月1日(木)、アップリンク吉祥寺にて1週間限定公開、全国にて順次公開。

<『モデル 雅子 を追う旅』トークイベント情報>
7月26日(金)~8月1日(木)19時30分の回上映後
■場所:アップリンク吉祥寺
■ゲスト(予定):
 安珠(写真家)、田村翔子(モデル・女優)、藤井かほり(女優・モデル)、石井たまよ(モデル)、
 矢田部吉彦(東京国際映画祭 プログラミング・ディレクター)、
 安野ともこ(スタイリスト/デザイナー)、高野緑(アクセサリーデザイナー)、
 富川淳子(跡見女子大学 文学部教授)、高橋一晃(スーパーダディ協会)他  *順不同/日替わり
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top