【インタビュー】忘れ去ってしまうことへの恐怖――モデル・雅子の夫がドキュメンタリーを作った理由 30年の軌跡から見えるもの

モデルとして80年代から数々の雑誌で活躍し、女優としても、出演作は決して多くはないものの『リング』の貞子の母親役などで鮮烈な印象を残した雅子さん。彼女が、罹患者は10万人にひとりという希少なガンとの闘病の末、50歳の若さで亡くなったのは2015年の1月のことだった。

最新ニュース インタビュー
『モデル 雅子 を追う旅』/photo :Naoki Kurozu
  • 『モデル 雅子 を追う旅』/photo :Naoki Kurozu
  • 『モデル 雅子 を追う旅』(C)2019 Masako, mon ange.
  • 『モデル 雅子 を追う旅』(C)2019 Masako, mon ange.
  • 『モデル 雅子 を追う旅』(C)2019 Masako, mon ange. 撮影:中川真人
  • 『モデル 雅子 を追う旅』/photo :Naoki Kurozu
  • 『モデル 雅子 を追う旅』(C)2019 Masako, mon ange.
  • 『モデル 雅子 を追う旅』(C)2019 Masako, mon ange.
  • 『モデル 雅子 を追う旅』/photo :Naoki Kurozu
モデルとして80年代から数々の雑誌で活躍し、女優としても、出演作は決して多くはないものの『リング』の貞子の母親役などで鮮烈な印象を残した雅子さん。

彼女が、罹患者は10万人にひとりという希少なガンとの闘病の末、50歳の若さで亡くなったのは2015年の1月のこと。それからほぼ間を置かず、彼女の夫である大岡大介は、彼女の半生をたどるドキュメンタリー映画の製作を決意する。

彼女が19歳でデビューした当時のことや、その後の活躍について知るカメラマンやモデル仲間、スタイリスト、映画やCMの共演者、映画監督など多くの関係者に取材し、4年もの歳月を経て完成したのが7月26日(金)より公開される映画『モデル 雅子 を追う旅』である。

映画製作の動機は「モデル・雅子を知らな過ぎたから」


「ここまでくると、ずっと彼女に向き合っていたというよりも、ある意味で一緒に生きてきたような感じですね」――。大岡監督はこの4年半の歳月をそうふり返る。

『モデル 雅子 を追う旅』/photo :Naoki Kurozu
大岡監督が雅子さんと結婚し、生活を共にした時間は2006年から2015年までの約9年弱。知り合う以前は、“モデル・雅子”の存在すら知らなかったし、結婚後も互いの仕事について、深く話をすることはあまりなかった。

「たまに『こんなの出たよ』と自分が出ている雑誌を見せてくれたりはしたし、『仕事どう?』くらいの会話はしましたが、家での会話は、2人での生活のことが最優先でした。趣味や交友関係でも、互いの領域に踏み込むことはあまりなくて、例えば2人とも映画は好きだけど、僕はハリウッド映画とアニメが好きで、彼女が好きなのはアート系やフランス映画。『え? 『スター・ウォーズ』見たことないの? 信じらんない!』『はぁ? なんでよ?』みたいな会話を繰り広げてましたけど(笑)」

『モデル 雅子 を追う旅』(C)2019 Masako, mon ange.
彼女が亡くなって、大岡監督は初めて気づく。モデルとしての雅子さんについて、自分がほとんど何も知らないということに。

この映画を作った第一の動機は、あまりにモデル・雅子を知らな過ぎたから。恋焦がれるような気持ち、そしてなにより、彼女を忘れてはならないという思い、自分が彼女を忘れ去ってしまうことへの恐怖で動き出しました」。

『モデル 雅子 を追う旅』(C)2019 Masako, mon ange.
《photo / text:Naoki Kurozu》

特集

関連記事

特集

page top