アイアンマンの壁画を背に…『スパイダーマン』最新作、新写真公開

トム・ホランド主演『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』から新たな場面写真が解禁となった。

映画
トム・ホランドが主演を務める『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が、6月28日(金)より日本で世界最速公開。この度、『アベンジャーズ/エンドゲーム』直後が舞台となる本作から新たな場面写真が解禁となった。

>>『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』あらすじ&キャストはこちらから

今回、解禁となったのは、アイアンマン/トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)の壁画をバックにアイアン・スパイダー・アーマーに身を包んだピーター(トム・ホランド)が、葛藤しているかのような意味深な表情を浮かべる姿をとらえたもの。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でトニーにスカウトされ、『スパイダーマン:ホームカミング』ではヒーローとしては未熟ながら、自分が授かった力を世のために活かしたいと切望するピーターと、それを見守るトニーとの師弟関係にも焦点が当てられ、自分の力を過信して1人で躍起になるピーターに対してトニーが厳しく制する場面や、まさに“ヒーローとは何か”を諭す場面も描かれていた。

そして、『アベンジャーズ/エンドゲーム』では、ヒーローの師弟から一種の親子のような関係へと発展をみせ、もっと2人の物語を観てみたい、と思ったファンも多いに違いない。そんなピーターことスパイダーマンは師匠から“鉄の意志”を継ぎ、“親愛なる隣人”から世界を守る真のヒーローとなることができるのか。本作は、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の一区切り、フェイズ3の完結作としても注目を集めている。

さらにもう1枚、スパイダーマンの新たなルックスの場面写真も解禁。今回のスパイダーマンは、象徴的な赤と青のスーツのほか、トムホが“ステルス・スーツ”と呼ぶゴーグルが着いた真っ黒なスーツを身に纏うようだ。トムホはこの“ステルス・スーツ”について「最高にクールだよ。スパイダーマンのスーツは赤と青。それを新しい方向にもっていくことに観客はきっとワクワクしてくれるはずだよ」とコメントを寄せている。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
本作では、ニック・フューリーがスパイダーマンに大きく関わることも予想され、このスーツにどんな意味を持ち、このスーツを着てどんなミッションに立ち向かうのか、いまから胸が高鳴るばかりだ。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は6月28日(金)より世界最速公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top