こんな山崎努は見たことない!孫からベタ褒めでご満悦!?『長いお別れ』本編映像

映画『長いお別れ』から、名優・山崎努演じる東家の父・昇平とその孫との微笑ましいやりとりが収められた本編映像がシネマカフェに到着。

映画 邦画ニュース
『長いお別れ』(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
  • 『長いお別れ』(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
  • 『長いお別れ』(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
  • 『長いお別れ』(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
  • 『長いお別れ』(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
  • 『長いお別れ』(C)2019『長いお別れ』製作委員会 
  • 『長いお別れ』(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
  • 『長いお別れ』メイキング(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
  • 『長いお別れ』メイキング(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
蒼井優、竹内結子、松原智恵子、山崎努という、日本映画界が誇る実力派俳優陣の共演で贈る中野量太監督の『長いお別れ』。この度、山崎さん演じる東家の父・昇平とその孫との微笑ましいやりとりが収められた本編映像がシネマカフェに到着した。

>>『長いお別れ』あらすじ&キャストはこちらから

今回到着した映像は、山崎さん演じる昇平と孫の崇(蒲田優惟人)とのユーモア溢れる本編シーン。アメリカで暮らす長女・麻里(竹内結子)の息子・崇が漢字が得意な昇平に教えを請うシーンだが、何より、崇に褒められることで次第に誇らしげな表情を見せていく山崎さんの細やかな変化に要注目。

黒澤明監督の『天国と地獄』をはじめ数々の傑作に出演してきた往年の名優とは思えないほど、どこか可愛らしくも見えるその表情の変化には、見ているだけで思わずクスっと笑ってしまう、そんな“おかしみ”が感じられる。


本作には、本映像で感じられるようなユーモア溢れるシーンが散りばめられている。今回、初めて小説の映画化に挑んだ中野監督は、脚本開発に取り掛かった当初、原作者である中島京子氏から受けた“唯一のオーダー”が「原作にあるユーモアや“おかしみ”だけは残して欲しい」だったそう。

『長いお別れ』(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
監督自身、原作にある“おかしみ”の要素がなければ、今回の映像化はなかっただろう、と断言するほど、“思わず笑ってしまうおかしさ”を表現するのにこだわりを持っていたといい、そのオーダーに自身を持って臨んでいる。そして、原作者である中島氏からのオーダーは、中野監督に2つ目の挑戦に挑ませることにもなった。

『長いお別れ』(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
これまで中野監督は自身で脚本を手掛けてきたが、「今回は他の人と一緒に脚本を書いてみたい」と考え、旧知の仲である、『海月姫』(14)などの脚本を手掛けてきた大野敏哉との共同脚本という形がとられている。大野さんの脚本は、例えば『シムソンズ』(06)や『武士道シックスティーン』(10)などのように、複数の人間を描きながらも、その骨子を失うことなくユーモアを兼ね備えている点が特徴で、それは本作でも遺憾なく発揮されている。

山崎さん演じる一家の父が認知症を発症したことにより、それぞれが自分自身の人生と向き合うことになる家族の7年間を、優しさとユーモアたっぷりに描いた本作。劇中で披露される、父・昇平とその家族のやりとりには、誰もが“思わず微笑んでしまう”そんな愛がたくさん詰め込まれている。家族をテーマに映画を撮り続けてきた中野監督だからこそ描くことのできた本作を、劇場で堪能してみて。

『長いお別れ』メイキング(C)2019『長いお別れ』製作委員会 (C)中島京子/文藝春秋
『長いお別れ』は5月31日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top