「ゲーム・オブ・スローンズ」最終話、米HBOで歴代最高視聴率を獲得もまたミス!?

「ゲーム・オブ・スローンズ」がついに完結した。

最新ニュース ゴシップ
「ゲーム・オブ・スローンズ」キャスト&スタッフ-(C)Getty Images
  • 「ゲーム・オブ・スローンズ」キャスト&スタッフ-(C)Getty Images
  • 「ゲーム・オブ・スローンズ」キャスト&スタッフ-(C)Getty Images
  • キット・ハリントン&エミリア・クラーク-(C)Getty Images
「ゲーム・オブ・スローンズ」がついに完結した。現代のテイクアウト用コーヒーカップが映り込んだり、脚本のできに不満を持ったファンたちがシーズン丸ごとの作り直しを求めて署名活動を行ったりと、何かと話題を提供してきたファイナルシーズン。

昨日、全世界同時放送された最終話もSNSで賛否両論が巻き起こったが、アメリカでは放送局のHBOが歴代最高の視聴率を記録するという快挙を遂げた。最終話の初回放送時間には1360万人が視聴、HBOの全てのプラットフォーム(ストリーミングサービスなど)を合わせると1930万人が視聴したという。これまでHBOの最高視聴者数は「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」のシーズン4の第1話で1343万人だった。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
ファイナルシーズンでは「ありえないものの映り込み」が少なくとも2度あり、最終話でもミスが指摘された。

各家の当主たちが集まり、誰を王にするかという話し合いがもたれている重要なシーンで、サムウェル・ターリーの足元に水が入っているらしきペットボトルが映っていたのだ。さらに、その後、サー・ダヴォス・シーワースの足元にもペットボトルが…!

ファンの反応は「本当にあり得ない」、「編集チームはよっぽど怠けてるのね」など辛辣なコメントから、「よくやったね、サム。2リットルのコーラじゃないことが驚きだ」とぽっちゃり体型のサムを茶化したコメントなど様々。「キングス・ランディングはマシュマロみたいに焼かれちゃったから。水分をとらなきゃダメなんだよ」など、物語の内容に合わせたユーモアのあるコメントも見られた。ミスを否定し、「だだの照明の反射」と主張する人もいる。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top