カンヌの大絶賛受けタロン・エガートンら『ロケットマン』ロンドンプレミアに凱旋

第72回カンヌ国際映画祭で大絶賛を受けたばかりの『ロケットマン』のプレミアが、“母国”イギリスで開催。タロン・エガ-トンやエルトン・ジョンらが登場した。

最新ニュース レポート
『ロケットマン』ロンドンプレミア (C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ロケットマン』ロンドンプレミア (C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ロケットマン』ロンドンプレミア (C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ロケットマン』 (C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ロケットマン』ロンドンプレミア (C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ロケットマン』ロンドンプレミア (C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • タロン・エガートン『ロケットマン』ロンドンプレミア (C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • エルトン・ジョン『ロケットマン』ロンドンプレミア (C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • デクスター・フレッチャー監督『ロケットマン』ロンドンプレミア (C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
『キングスマン』タロン・エガ-トン主演で伝説的ミュージシャン“エルトン・ジョン”の半生を映画化した『ロケットマン』。第72回カンヌ国際映画祭の初上映で大絶賛を受けたばかりの本作のプレミアが、“母国”イギリスで行われた。

>>『ロケットマン』あらすじ&キャストはこちらから

ノンクレジットながら『ボヘミアン・ラプソディ』の最終監督を務めたデクスター・フレッチャーのもと、音楽史に残るカリスマ“エルトン・ジョン”をタロンが演じ、数々の名曲を共作した創作上のパートナー、バーニー・トーピン役に『リトル・ダンサー』のジェイミー・ベル、エルトンの母シーラ役に『ジュラシック・ワールド』シリーズのブライス・ダラス・ハワード、エルトンのマネージャーで後に「クイーン」を見出した敏腕音楽プロデューサー、ジョン・リード役に「ゲーム・オブ・スローンズ」のリチャード・マッデンといった、実力派豪華キャストが集結した本作。

第72回カンヌ国際映画祭では上映後、会場中から巻き起こった4分間に及ぶスタンディングオベーションに、主演のタロンが感動の涙を見せ、エルトン・ジョン本人とともに強いハグを交わしたばかり。そして現地時間5月20日(月)には、本プレミアイベントで出身国イギリスへ堂々の凱旋を果たす豪華キャスト&スタッフ陣を一目見ようと、およそ1,000人ものファンが集まった。

『ロケットマン』ロンドンプレミア (C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
エルトンらしい星のモチーフや、無数のスパンコールでキラキラに輝く“ロケットマン”のロゴなどで飾られたブルーカーペットが敷かれた会場には、リアルタイムでエルトンの音楽に親しんできた熱狂的なファンがド派手なメガネやカラフルな衣装を身に付け、彼の歌を合唱しながら、和気あいあいとした雰囲気でスターの登場を待ち構える姿が。

この日、ロンドンのプレミア会場はカーディフ、ダブリン、グラスゴー、ゲイトヘッドの4都市の映画館と中継で繋がっており、映画館に集まったオーディエンスにも時折ロンドン会場から話しかけるなど、イギリス各地がプレミア開催に向けて盛り上がりを見せていた。

タロン「僕自身この作品に全身全霊をかけて挑んだ」


『ロケットマン』ロンドンプレミア (C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
最初に登場したリチャードに続き、ブライス、タロンとキャスト陣が続々到着すると、会場は大盛り上がり。彼らは握手やサイン、写真撮影を求めるファンたちに快く応じていた。

さらに、背中に“ロケットマン”と刺繍が施された紺色のスーツを纏ったエルトンが登場すると、会場のボルテージはMAXに! エルトンも満面の笑顔で、ファンからの熱い声援や拍手喝采に手を振り返し、大勢の観客で満員となった会場を見渡していた。

『ロケットマン』ロンドンプレミア (C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
エルトンを演じたタロンは、プレミアを迎えた心境について「ここまで長かったから、映画を観てもらえることがとても楽しみだ。反響もとても良いよ。エルトンの音楽と人生、そして(仕事上パートナーの)バーニーの音楽と人生を讃えた作品に仕上がっているし、僕自身この作品に全身全霊をかけて挑んだから、とにかく皆に観てもらえるのが嬉しいよ」と、本作への熱い想いを言葉に込める。

タロン・エガートン『ロケットマン』ロンドンプレミア (C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.タロン・エガートン
また、ブライスは「エルトンは幼い頃の冷たい家庭環境で心が満たされず、あんなに若くして成功したのにそれでも自分を好きになれなかった。でも、自分の人生は自分で歩むんだと、ひとりの人間として自立していくの。そんな人生の旅を描かれていく作品よ」と本作の魅力を語った。

ブライス・ダラス・ハワード『ロケットマン』ロンドンプレミア (C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.ブライス・ダラス・ハワード

『ボヘミアン・ラプソディ』を愛する日本のファンに「2回、いや3回は見て」


『ロケットマン』 (C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
昨年の大ヒット作『ボヘミアン・ラプソディ』の最終監督を務め、本作でメガホンを取っているフレッチャー監督は「この映画は僕が前回手掛けた『ボヘミアン・ラプソディ』とは全く違う作品に仕上がっているよ。ファンタジーなタッチと、ミュージカルでエルトンの人生を描いたんだ。彼のこれまでの歩みと、生きることの喜び、そしてエルトンの曲が満載だ。『ボヘミアン・ラプソディ』が好きなら、日本の皆には2回、いや3回は見てもらいたいね!」と自信を覗かせる様子も。

デクスター・フレッチャー監督『ロケットマン』ロンドンプレミア (C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.デクスター・フレッチャー監督
そして『キングスマン』シリーズでタロンやエルトンを起用したことがあり、本作では製作として携わっているマシュー・ヴォーンは、タロンの起用について「タロンは実力があって、エルトンみたいに歌って踊れる。そして、しっかりとドラマを演じる風格がある。本当にピッタリだった!」と明かし、劇中の活躍に太鼓判。

なお、会場には、劇中でジェイミーが演じるバーニー・トーピン本人や、ボーイ・ジョージ、ルル、ジェームス・ブラント、ジェームス・ベイ、トム・オデルといったベテランから若手まで英国のミュージシャンをはじめ、『キングスマン』シリーズキャストのマーク・ストロング、“スパイダーマン”トム・ホランドの英国俳優ら豪華ゲスト陣も駆けつけ、集った観客たちも大興奮! 伝説的ミュージシャンの半生を描く本作の幕開けに相応しい、大盛況のプレミアとなった。

マーク・ストロング『ロケットマン』ロンドンプレミア (C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.マーク・ストロング
『ロケットマン』は8月23日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top