『ゲット・アウト』を超える新たな悪夢…全米大ヒットスリラー『アス』公開決定

『ゲット・アウト』でアカデミー賞を受賞したジョーダン・ピール監督らのチームが手掛けたサプライズ・スリラー『アス』(原題:Us)が、9月6日(金)より日本公開されることが決定した。

映画 洋画ニュース
『ゲット・アウト』でアカデミー賞を受賞したジョーダン・ピール監督らのチームが手掛け、映画の歴史を塗り替える大ヒットとなったサプライズ・スリラー『アス』(原題:Us)が、9月6日(金)より日本公開されることが決定した。

アデレードは夫のゲイブ、娘のゾーラ、息子のジェイソンと共に夏休みを過ごすため、幼少期に住んでいたカリフォルニア州サンタクルーズの家を訪れる。早速、友人たちと一緒にビーチへ行くが、不気味な偶然に見舞われたことで、原因不明で未解決な過去のトラウマがフラッシュバック。やがて、家族の身に恐ろしいことが起こるという妄想を強めていくアデレード。その夜、家の前に自分たちとそっくりな“わたしたち”(Us)がやってくる…。

本作は2月の“スーパーボウル”放映時にも映像がお披露目され、3月22日より全米公開されるや初登場No.1の大ヒットスタート、オリジナル・ホラー作品&オリジナルR指定作品のオープニングで歴代1位を更新($7,111万7,625/Box Office Mojo調べ)。また、米映画レビューサイト「Rotten Tomatoes」では94%の好評価を得て、2019年公開作品のランキングで堂々1位を記録した(Top 100 Movies of 2019/5月20日時点)。

監督・脚本・製作は、『ゲット・アウト』でアカデミー賞脚本賞を受賞したジョーダン・ピール。製作には、『ゲット・アウト』および『セッション』『ブラック・クランズマン』でアカデミー賞作品賞にノミネートされたジェイソン・ブラム

ジェイソン・ブラム-(C)Getty Imagesジェイソン・ブラム
主人公の夫婦を、『それでも夜は明ける』『ブラックパンサー』のアカデミー賞女優ルピタ・ニョンゴと『ブラックパンサー』エムバク役のウィンストン・デュークが演じる。

ルピタ・ニョンゴ-(C)Getty Imagesルピタ・ニョンゴ
鬼才監督&敏腕プロデューサー&演技派女優の最強チームが仕掛けた、映画の歴史を塗り替えたサプライズ・スリラー。『ゲット・アウト』を凌ぐ新たな悪夢が、ついに日本に上陸する!

『アス』は9月6日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top