窪田正孝の“腕筋”に「釘付け」の声、本田翼の頭痛にも心配の声が…「ラジエーションハウス」第8話

窪田正孝が天才的診療放射線技師を演じる「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」。5月27日に放送された第8話ではエレベーターに閉じ込められた本田翼演じる杏を救出する唯織の姿に多くの視聴者が声援を送った。

最新ニュース スクープ
「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」 (C) フジテレビ
  • 「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」 (C) フジテレビ
  • 「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」 (C) フジテレビ
  • 「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」 (C) フジテレビ
  • 「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」 (C) フジテレビ
  • 「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」 (C) フジテレビ
  • 「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」 (C) フジテレビ
  • 「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」 (C) フジテレビ
  • 「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」 (C) フジテレビ
窪田正孝が天才的診療放射線技師を演じる「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」。5月27日に放送された第8話ではエレベーターに閉じ込められた本田翼演じる杏を救出する唯織の姿に多くの視聴者が声援を送った。

窪田さんが本当は医師でありながら診療放射線技師として甘春総合病院に勤務する五十嵐唯織を演じ主演する本作。ヒロインの放射線科医・甘春杏に本田さん、唯織の同僚となる新人放射線技師・広瀬裕乃に広瀬アリス、杏に想いを寄せる整形外科医・辻村駿太郎に鈴木伸之。この4人を中心に物語は進んできた。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
前回の放送でギャンブル好きの技師長・小野寺俊夫(遠藤憲一)に医師であることがバレてしまった唯織。医師であることを隠してほしいと求める唯織の願いを受け入れ、小野寺はいままで通り唯織と接する。


そんななか、けいれん発作で魚谷久美(稲垣来泉)という少女が救急搬送されてくる。CT検査を行うが異常は見られなかった。だが別の日にMRIを行うと二相性急性脳症の特徴的な所見である、脳が木の枝のように光る「ブライトツリーアピアランス」が見られ、入院しての治療が行われることに。

同じ頃、内科を腹部の痛みを訴えて若井陽子(佐藤めぐみ)が受診。盲腸だと診断された陽子だが唯織は疑問を抱く。その話を聞いた杏はもう1度画像を調べ陽子が“虫垂腫瘍”ではないと考える…というのが今回のストーリー。同時に杏と裕乃がお互い唯織への想いを強めていく様子、父親の病気に悩む杏の姿も描かれた。


中盤では杏と久美がエレベーターに閉じ込められ一刻を争う事態に。唯織らがエレベーターの扉をこじ開け事なきを得るのだが、その際の窪田さんの腕の筋肉のたくましさに多くの視聴者が沸き上がる事態に。

「窪田くんの腕の筋肉と血管がすごかった!」「今日の見どころは荒ぶる筋肉と血管」「無理!鼻血出る!って叫びました」「窪田くんの腕の筋肉に釘付けになる回」などの声が殺到。


そして終盤で杏は甘春総合病院の病院長・大森渚(和久井映見)と俊夫の会話を立ち聞き。唯織が医師であることを知ってしまう。その直後、頭痛が続いていた杏はエスカレーターで意識を失い倒れてしまう…という展開に。

杏を襲った異変に「おしごと頑張りすぎちゃったの??それとも何かの病気なの??」「杏ちゃんの頭痛大丈夫?」など心配する視聴者からの声も数多く寄せられている。

《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top