【海外ディズニー】スター・ウォーズランドがついに始動!あの銀河の世界が現実に

カリフォルニアのディズニーランド・パークで新エリア「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」のメディアプレビューが行われ、ゲストがミレニアム・ファルコン号を操縦する新アトラクションの全貌もわかった。

最新ニュース レポート
取材協力:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル
  • 取材協力:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル
  • 取材協力:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル
  • 取材協力:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル
  • 取材協力:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル
  • 取材協力:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル
  • 取材協力:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル
  • 取材協力:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル
  • 取材協力:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル
現地時間5月29日、カリフォルニアのディズニーランド・パークで映画『スター・ウォーズ』をテーマにした新エリア「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」のメディアプレビューが盛大に行われ、ゲストがミレニアム・ファルコン号を操縦する新アトラクションの全貌わかった。


「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」は、ゲストが『スター・ウォーズ』の世界に完全に没頭するほどに深く作り込まれたエリアで、14エーカーの広大な敷地に建設。ゲストは今回新しく登場する惑星バトゥーへと旅立ち、銀河のフードやドリンクを楽しみ、世界観満点のコレクションが揃うショップに立ち寄り、また、新アトラクション「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン」に乗り込み、銀河でもっとも有名な宇宙船を操縦することで、自分だけのSWストーリーを語ることができる。


「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン」では、ゲストが“銀河系最速のガラクタ”のコックピットに乗り込み、各自のスター・ウォーズの冒険へと出発する。ゲストはパイロット、 射手、もしくは航空機関士などの重要なミッションを担い、猛スピードで進行するファルコンをチームワークを駆使して操縦。その結果によって“評価”も変わるというさまざまな角度でアトラクションを楽しめ、新しくて濃厚な体験が話題になりそうだ。


なお、二つ目のアトラクションである「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」のオープンは2019年秋以降のオープンを予定していて、2019年8月29日にはフロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのディズニー・ハリウッド・スタジオにもオープンする予定だ。


※取材時の状況に基づいて記事化しています。ショー内容など、異なる場合もあります。また、紹介したイベント、メニューなど、すべての情報は予告なく変更になる場合があります。詳細は公式サイトを参照ください。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top