『007』最新作、ダニエル・クレイグに続きスタッフの負傷も発表

『007』最新作『Bond 25』(原題)の撮影現場で再びアクシデントが起きたようだ。

最新ニュース ゴシップ
『007』最新作キャスト陣 - (C) Getty Images
  • 『007』最新作キャスト陣 - (C) Getty Images
  • ダニエル・クレイグ - (C) Getty Images
  • ダニエル・クレイグ-(C)Getty Images
『007』最新作『Bond 25』(原題)の撮影現場で再びアクシデントが起きたようだ。先月は、主演のダニエル・クレイグがジャマイカで撮影中に足首を痛め、手術を受けてしばらく療養することが発表されたが、今回はスタッフのひとりが負傷したという。

ジェームズ・ボンドの公式ツイッターが「本日、パインウッド・スタジオの『Bond 25』のセットで制御爆破の撮影を行っていたところ、『007』ステージの外側が損傷しました。セットにダメージはありませんが、ステージの外にいたスタッフ1人が軽傷を負いました」と発表している。(『007』スタジオとは、パインウッド・スタジオ内にある巨大な防音スタジオ)。「The Sun」紙は、同セットで3回の爆発があり、屋根の一部や壁板の数枚が吹き飛んだと報じている。


ダニエルの療養中は、ダニエルがいなくても撮れるシーンを撮影していたため、公開日に遅れは生じないもようだったが、今回の事故が撮影や公開日にどう影響するかは明らかになっていない。

『Bond 25』はダニエルがジェームズ・ボンド役を演じる最後の作品であり、『ボヘミアン・ラプソディ』でオスカーを獲得したラミ・マレックが悪役として登場することも話題に。キャリー・フクナガ監督がメガホンをとっている。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top