リリー・ジェームズ、“読書会”の謎を紐解く…『ガーンジー島の読書会の秘密』予告

『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』『スリー・ビルボード』のプロデューサー陣が再びタッグを組んで贈る最新作『ガーンジー島の読書会の秘密』から、予告編が解禁となった。

映画
『ガーンジー島の読書会の秘密』 (C) 2018 STUDIOCANAL SAS
  • 『ガーンジー島の読書会の秘密』 (C) 2018 STUDIOCANAL SAS
  • 『ガーンジー島の読書会の秘密』 (C) 2018 STUDIOCANAL SAS
  • 『ガーンジー島の読書会の秘密』 (C) 2018 STUDIOCANAL SAS
  • 『ガーンジー島の読書会の秘密』 (C) 2018 STUDIOCANAL SAS
『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』『スリー・ビルボード』のプロデューサー陣が再びタッグを組んで贈る最新作『ガーンジー島の読書会の秘密』から、予告編が解禁となった。

1946年、終戦の歓びに沸くロンドンで暮らす作家のジュリエットは、1冊の本をきっかけに、“ガーンジー島の読書会”のメンバーと手紙を交わすようになる。ナチスドイツに脅えていた大戦中は、読書会と創設者であるエリザベスという女性の存在が彼らを支えていた。本が人と人の心をつないだことに魅了され、彼らのもとへと訪れたジュリエットを待ち受けていたものは――。

今回解禁された予告編は、リリー・ジェームズ演じるジュリエットに届いた1通の手紙から始まる。

「僕はガーンジー島に住むドーシー・アダムズです。“読書とポテトピールパイの会”会員です。読書会は戦時中の憩いでした」というメッセージに、作家としての好奇心を刺激されたジュリエット。「彼らのことを書いてみたい」と、第二次世界大戦中に英国で唯一ドイツの占領下にあったチャネル諸島の1つ、イギリス海峡に浮かんでいるガーンジー島へ行く決意を固める。

『ガーンジー島の読書会の秘密』 (C) 2018 STUDIOCANAL SAS
ジュリエットは読書会のメンバーを訪れるが、そこに創設者である“エリザベス”は不在だった。温かく迎えてくれたかのように思えた読書会のメンバーにも、彼らのことを記事にしたいと伝えると「書かないで! 絶対に」と拒絶されてしまう。交流するうちに彼らが重大な秘密を隠していることに気づいたジュリエットは、やがてエリザベスが不在の理由にたどり着く。

『ガーンジー島の読書会の秘密』 (C) 2018 STUDIOCANAL SAS
彼女が1つ謎を解くたびに、読書会のメンバーとの絆がまた1つ結ばれていく。最後には、「本に人を呼び寄せる力があるなら、きっと私の原稿にも」と自分の原稿が持つ可能性を信じるジュリエットの姿が、幸せな気持ちになれる本編を期待させる予告映像となっている。


読書会は何を守ろうとしたのか!? そして、ジュリエットがガーンジー島と読書会の謎を解いた先に見つけたものとは!? その答えは是非劇場で確認してみて。

『ガーンジー島の読書会の秘密』は8月30日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top