『アラジン』4DX、『アベンジャーズ/エンドゲーム』超え日本最高記録を更新

実写版『アラジン』4DXが、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の同客席率33%を超え、歴代最高の47%に。4DX興行収入は2億7千万円を突破し、2013年の4DXスタート以来、歴代最高を記録した。

映画 洋画ニュース
『アラジン』4DX  (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アラジン』4DX  (C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アラジン』 (C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アラジン』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アラジン』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アラジン』(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
ディズニーが贈る実写版『アラジン』4DXが、本年度最高興行成績の『アベンジャーズ/エンドゲーム』の同客席率33%を超え、歴代最高の47%に。4DX興行収入は2億7千万円を突破し、歴代記録を更新した。

>>『アラジン』あらすじ&キャストはこちらから

空飛ぶ魔法の絨毯をリアルに体感できる4DXが話題の本作。今回の4DX客席率・歴代1位更新は2016年以来、実に3年ぶり。2週連続で週末座席占有率80%ともなっている。さらに公開3週目には興行収入2億7千万円を突破、2013年から始まった4DXの最高興行成績を連日更新中だ。

この記録突破に「4DX STUDIO」チームからは、「映画『アラジン』4DXの熱い人気はご覧頂いた皆様たちが作ってくれた魔法です。熱い愛を送ってくださった『アラジン』ファンの皆様と4DXファンの皆様に心からの感謝を致します」と感謝のコメントが到着。

また、観客からも「『アラジン』4DX版は、空飛ぶ絨毯の『マジックカーペットライド』を確実に体感することができる」と絶賛の声が止まらない。熱い支持を受け、SNSなどの口コミもあって人気はますます過熱している。

世界中でも連日記録更新中!


全世界64か国、647スクリーンで運営中、日本国内では56劇場に導入中(2019年5月現在)の4DX。『アラジン』では、世界興行収入1200万ドル(USドル基準)を突破し記録的な興行を続けている。特にスペイン、オランダ、ルクセンブルクなど欧州圏で平均60%を超える高い座席占有率を記録。

韓国でも、封切り5週目にて国内動員数50万人突破、これは2009年に始まった4DXの10年の歴史の中で最高の国内興行記録となっている。

歴代最高の興行記録を樹立した『アラジン』4DXに続き、マーベル作品『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』とディズニー『トイストーリー4』『ライオン・キング』の公開を控えており、今年の夏はさらなる4DX旋風が巻き起こりそうだ。

『アラジン』4DXはユナイテッド・シネマ、シネマサンシャイン、イオンシネマ、コロナシネマワールド、109シネマズなど全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top