『007』最新作からメイキング映像到着!撮影現場にはチャールズ皇太子も

現在撮影中の「007」シリーズ最新作『Bond 25(仮題)』から、メイキング映像が到着。さらに、イギリス王室のチャールズ皇太子がロイヤル訪問した様子の写真も解禁。

映画 洋画ニュース
『Bond 25(仮題)』ロイヤル訪問
  • 『Bond 25(仮題)』ロイヤル訪問
  • 『007』最新作キャスト陣 - (C) Getty Images
  • 『Bond 25(仮題)』ロイヤル訪問
  • 『Bond 25(仮題)』ロイヤル訪問
  • 『Bond 25(仮題)』ロイヤル訪問
  • 『Bond 25(仮題)』ロイヤル訪問
  • 『Bond 25(仮題)』ロイヤル訪問
  • 『Bond 25(仮題)』ロイヤル訪問
ジェームズ・ボンドをダニエル・クレイグが続投し、悪役としてラミ・マレックが出演する「007」シリーズ最新作『Bond 25(仮題)』。目下撮影中の本作から、メイキング映像が到着。さらに、イギリス王室のチャールズ皇太子がロイヤル訪問した様子の写真も解禁となった。

4月25日に全世界同時で実施されたライブストリーミングでの大規模ローンチイベントでは、最新作に登場するキャスト陣が続々と発表された本作。

今回到着した映像は、ジャマイカでのロケ撮影の様子を捕らえたメイキングシーンで、メガホンをとるキャリー・フクナガ監督と親しげに談笑するダニエル・クレイグの姿とともに、前作で現役を退き、ジャマイカで穏やかな日々を過ごしていたはずのボンドが諜報員として復活することを連想させるような銃を手にする姿、シリーズ続投となるCIAエージェントのフェリックス・ライター役のジェフリー・ライトや、新キャストであるノミ役を演じる『キャプテン・マーベル』のラッシャーナ・リンチの姿も収められている。


さらに現地時間6月20日(木)に、本作の撮影現場である英パインウッド・スタジオをチャールズ皇太子が訪問した際のカットも到着。

チャールズ皇太子は、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソンとの撮影所のツアーを楽しみ、ダニエルやレイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ラッシャーナのほか、フクナガ監督に面会。

『Bond 25(仮題)』ロイヤル訪問
ジェームズ・ボンドが乗り回す通称“ボンドカー”と呼ばれるアストンマーティンV8とDB5の前でダニエルと打ち解けた様子で談笑したり、皇太子がスタッフ陣と握手をしたりと終始和やかなムードだったという。

『Bond 25(仮題)』ロイヤル訪問
レア・セドゥやベン・ウィショーといった続投キャストに加え、『ボヘミアン・ラプソディ』でオスカー俳優となったラミの参加と、ますます期待が高まる本作。続報にも注目だ。

『007』最新作キャスト陣 - (C) Getty Images
『BOND 25(仮題)』は2020年、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top