『トイ・ストーリー』は第4弾で完結? 来日したプロデューサーが「これが最終章」と明言

シリーズ最新作『トイ・ストーリー4』の来日イベントが6月27日、都内で行われ、ジョシュ・クーリー監督、プロデューサーのマーク・ニールセン、日本語版に出演する唐沢寿明、所ジョージ、竜星涼、日本版主題歌を歌うダイアモンド☆ユカイが出席した。

最新ニュース レポート
ディズニー/ピクサー最新作「トイ・ストーリー4」来日イベント
  • ディズニー/ピクサー最新作「トイ・ストーリー4」来日イベント
  • ディズニー/ピクサー最新作「トイ・ストーリー4」来日イベント プロデューサーのマーク・ニールセン
  • ディズニー/ピクサー最新作「トイ・ストーリー4」来日イベント ジョシュ・クーリー監督
  • ディズニー/ピクサー最新作「トイ・ストーリー4」来日イベント ウッディ役の唐沢寿明
  • ディズニー/ピクサー最新作「トイ・ストーリー4」来日イベント バズ役の所ジョージ
  • ディズニー/ピクサー最新作「トイ・ストーリー4」来日イベント フォーキー役の竜星涼
  • ディズニー/ピクサー最新作「トイ・ストーリー4」来日イベント 日本版主題歌「君はともだち」を歌うダイアモンド☆ユカイ
  • ディズニー/ピクサー最新作「トイ・ストーリー4」来日イベント
シリーズ最新作『トイ・ストーリー4』の来日イベントが6月27日、都内で行われ、ジョシュ・クーリー監督、プロデューサーのマーク・ニールセン、日本語版に出演する唐沢寿明、所ジョージ、竜星涼、日本版主題歌を歌うダイアモンド☆ユカイが出席した。

全米大ヒット! 監督は「ファンの反応にワクワク」


個性あふれるおもちゃたちと、彼らの持ち主である子どもたちの冒険と成長を描いた大人気シリーズの第4弾。ウッディとバズ、そして仲間たちは新しい持ち主・ボニーの家族旅行に同行し、たどり着いた移動遊園地で、かつての仲間ボー・ピープと再会する。そこから始まる予想を超えるアドベンチャーとは? 全米の映画ランキングでは、シリーズ最高となる約1億1800万ドルのオープニング記録を叩き出し、首位デビューを飾った。

ディズニー/ピクサー最新作「トイ・ストーリー4」来日イベント ジョシュ・クーリー監督ジョシュ・クーリー監督
ジョン・ラセターからバトンを受け取り、長編デビューを果たしたクーリー監督は「ファンにとって大切なシリーズで、僕自身も大好きだから、プレッシャーは大きかった」と回想。

それだけに映画の大ヒット&高評価に「ファンの反応にワクワクしている」と安どの表情を見せ、「前作が終わった後、ウッディにはまだ物語があると気づいたんだ」と第4弾製作の理由を語った。

「ウッディとバズの友情なくして成立しなかった」


「今回の結末は、ウッディとバズの友情なくして成立しなかった。本当に誇らしいよ」とクーリー監督。

ディズニー/ピクサー最新作「トイ・ストーリー4」来日イベント プロデューサーのマーク・ニールセンプロデューサーのマーク・ニールセン
この発言を受けて、プロデューサーのニールセンは「これが最終章です」と明言し「ウッディとバズの20数年にわたる友情に訪れる結末に、きっと皆さんも驚くはず。わたしにとっても、心が動く感動的な経験だった」としんみり語った。

ちなみに映画のキャッチコピーには「この結末は想像を超える」という文言が使用されており、主要スタッフの2人の発言を物語る形になっている。

ウッディ役の唐沢さん、『トイ・ストーリー』はまるでサザン?


ディズニー/ピクサー最新作「トイ・ストーリー4」来日イベント
唐沢さん&所さんといえば、第1作『トイ・ストーリー』が日本公開された1996年以来、ウッディとバズを演じ、今回が約9年ぶりの“再会”。

「絆ですか? 確かにウッディは最初、バズに嫉妬していましたが、いまではすっかり大人になって、雰囲気も関係性も変化している」(唐沢さん)、「バズがかわいそうな目にあっていると、まるで自分のことのように思っちゃう(笑)。いまじゃ、わたしのほうがバズ(の性格)に合わせている部分もある」(所さん)とキャラクターへの強い思い入れを示していた。

また、唐沢さんは「第1作を見ていた子どもがいま、親になって、自分の子どもに見せられるでしょ? 世代を超えて愛されるんですから、まるでサザンオールスターズ」と人気の理由を分析していた。

一方、新キャラクター“フォーキー”役で初参戦の竜星さんは「僕が生まれたときからある、大好きな作品の一員になれるなんて。とても感動的」。役作りについては「普段の自分じゃ全然ダメだと思い、生まれたての赤ちゃんを意識した」と話していた。

ディズニー/ピクサー最新作「トイ・ストーリー4」来日イベント フォーキー役の竜星涼
『トイ・ストーリー4』は7月12日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top