なにわ男子・西畑大吾も木村拓哉の生徒に! 初共演に「実はとても優しい方」

木村拓哉主演の新春スペシャルドラマ「教場」に、「なにわ男子」(関西ジャニーズJr.)の西畑大吾が出演することが決定。“風間教場”に集う生徒役を演じる。

最新ニュース スクープ
木村拓哉主演の新春スペシャルドラマ「教場」に、「なにわ男子」(関西ジャニーズJr.)の西畑大吾が出演することが決定。“風間教場”に集う生徒役を演じる。

警察学校を舞台に、カリスマ教官・風間役の木村さんをはじめ、風間が教壇に立つ教場(警察学校教室)、通称“風間教場”の生徒役として工藤阿須加、川口春奈、林遣都、葵わかな、大島優子、三浦翔平ら豪華俳優陣がすでに決定していた本作。

そんな中、今回新たに加わるのは、2011年に14歳でジャニーズ事務所に入所後、連続テレビ小説「ごちそうさん」や「あさが来た」、『PとJK』に出演した西畑さん。

錚々たるメンバーの中、西畑さんは携帯電話すら使用できない警察学校で生徒にあらゆるモノを提供する“調達屋”樫村卓実役を演じる。

樫村について「教官に見せている顔と生徒に見せている顔ともうひとつ顔がきっとあって、そういう多面性のある役」と分析した西畑さん。また「基本的にはずる賢いですよね。あざとさもある。器用にうまいこと立ち回ることができる人物だと思います」と言い、「僕は演じていく上でちょっとした“サイコパス感”があるなと思っているので、そういう部分をうまく演じられればと思っています」とコメントしている。

さらに、主演は大先輩の木村さんということで、今回の初共演に「“マジか”という驚きが大きかったです。まさかまだ22歳の関西ジャニーズJr.なのに、木村さんと共演させていただけると思っていなかったのでドキドキワクワクがすごくありました」と明かす。また「木村さんとは訓練の時からご一緒させていただいたのですが、最初は正直めちゃくちゃ怖かったです(笑)」と印象を語りつつ、「撮影現場では実はとても優しい方なんです。撮影以外ではいろいろな事をお話して下さいますし、常に気にかけて下さっているなと実感しています。何と言っても木村さんは格好いいです(笑)」とも。

そして「今の振付師さんの話やダンスなどの話をしました。木村さんから教えていただけることひとつひとつが深くて熱くて、その話を聞いているだけでうれしい気持ちになります。今回の現場でも演技の相談に乗って下さる事もあってすごくありがたいなと思っています」と木村さんとのエピソードも明かしている。

フジテレビ開局60周年記念特別企画「教場」は2020年新春、フジテレビ系にて2夜連続放送予定。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top