吉岡里帆、初刑事役! 新タイトル「時効警察はじめました」で復活

「時効警察」が「時効警察はじめました」として10月から放送されることが決定。新メンバーとして吉岡里帆が参戦することも分かった。

最新ニュース スクープ
「時効警察はじめました」
  • 「時効警察はじめました」
  • 「時効警察はじめました」
  • 「時効警察はじめました」
  • 「時効警察はじめました」
シュールな脱力系コメディーミステリー「時効警察」が、前2シリーズと同じ「金曜ナイトドラマ枠」で、「時効警察はじめました」として10月から放送されることが決定。新メンバーとして吉岡里帆が参戦することも分かった。

時効になった事件を“趣味”で捜査するオダギリジョー扮する霧山修一朗が、三日月しずか(麻生久美子)と共に、もはやライフワークと言っても過言ではない“唯一の趣味”を再開! さらに、温和な無秩序課長・熊本(岩松了)、無類のイタズラ好き・又来(ふせえり)、人生の99%が無表情なサネイエ(江口のりこ)をはじめ、十文字疾風(豊原功補)、蜂須賀(緋田康人)、諸沢(光石研)、そしてナレーターの由紀さおりも12年ぶりに再結集する。

「時効警察はじめました」
そしてこのお馴染みメンバーに加え、今回新たに吉岡里帆が参戦! 総武署・刑事課の新人刑事・彩雲真空を演じ、TVドラマで本格コメディーに初挑戦、また刑事役にも初挑戦する。「ガンバリマス!」が口癖で、とにかく何でも頑張る熱血女子な真空。とりわけ、霧山が三日月と共に再開する時効事件の捜査に興味津々で、十文字の目を盗んでは時効管理課に入り浸り、時効捜査に首を突っ込みまくる人物だ。

「時効警察はじめました」
前2作を観ていたという吉岡さんは、「皆さんがまた集まることがファンとしてうれしかったと同時に、自分もあの世界の中に入れるということで『ホントに!?』と思いました」と出演決定時の心境を明かす。

すでに撮影はスタートしており、「麻生さんをはじめ、以前共演させていただいた方が多かったこともあって、すぐに受け入れていただけました。最初のリハーサルの翌日にも、初共演のオダギリ(ジョー)さんが『馴染むのが早かったね』とおっしゃってくださって、すごくうれしかったです」と言い、オダギリさんも「新しく加わることは、不安や心配も大きかったと思いますが、吉岡さんは見事に馴染んでいます。というより、既にみんなから愛されています。明るくて素直で人柄が良く、麻生さんは『こんな素敵な子供が欲しい』と、吉岡さんの家庭環境を聞き出したりしています。とにかく。時効警察は独特な現場ですが、吉岡さんなら何の心配もないと思います」と早くもチームに溶け込んでいるそう。

「時効警察はじめました」
また、本作のメイン監督三木聡の映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』に出演した吉岡さんは、「もっと即興でツッコミやボケが飛び交っているのかなと思っていたんですけど、特に三木(聡)さんが脚本・監督を担当される回は、皆さんが台本にあるセリフを一語一句、絶対に変えることなく、すべて完璧に積み上げられた会話劇になっているんです。そこは意外でした!」とコメント。

小説からプロレスまで興味の対象は無秩序に膨大、守備範囲が広いキャラということで、劇中でも様々なことに挑戦する吉岡さんは「いろいろチャレンジできるので、楽しいです」と言い、「実は今回、大先輩である麻生(久美子)さんにプロレス技をかけるという私的衝撃シーンもあるんです。すごくドキドキしました! しかも私、劇中でプロレスラーにまでなっちゃいます(笑)。かなり頑張っているので、ぜひ見ていただきたいです」と見どころをアピールしている。

「時効警察はじめました」は10月、毎週金曜日23時15分~テレビ朝日系にて放送予定(※一部地域を除く)。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top