【海外ディズニー】SWランド、新アトラクションは12月5日のウォルト誕生日にオープン!

映画『スター・ウォーズ』をテーマにしたディズニーパーク史上、最大級の敷地面積を誇るテーマランド「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」。同エリアに誕生予定の新アトラクションの開業日が決まった。

最新ニュース スクープ
新アトラクション「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」☆As to Disney artwork, logos and properties: (C) Disney
  • 新アトラクション「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」☆As to Disney artwork, logos and properties: (C) Disney
  • 新アトラクション「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」☆As to Disney artwork, logos and properties: (C) Disney
映画『スター・ウォーズ』をテーマにしたディズニーパーク史上、最大級の敷地面積を誇るテーマランド「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」。同エリアに誕生予定の新アトラクションの開業日が決まった。

その新アトラクション「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」は、まずフロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートにて12月5日にオープン後、カリフォルニア ディズニーランド・リゾートのほうで翌2020年1月17日にオープンするという。12月5日はウォルト・ディズニーの誕生日で、ゲストで賑わうホリデーシーズンを盛り上げていく。

「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」とは、8人乗りのライドに乗り、スター・デストロイヤーのハンガーベイでの戦いに参加するというもの。ファースト・オーダーとレジスタンスによる壮絶な戦いのなかに巻き込まれ、ゲストはかつてない大スケールを体験するという。

当初は東西両パークにおいて2019年内オープンすると報じられていたものの、カリフォルニア ディズニーランド・リゾートでは年をまたぐことになり、ホリデーシーズン終了後旧正月に標準を当てた予定に変更となった。

※取材時の状況に基づいて記事化しています。紹介したイベント、メニューなど、すべての情報は、予告なく、変更になる場合があり得ます。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top