田中圭の“極道”に「色気ハンパない」の声、ムロツヨシ考案(?)タグも…「Iターン」

ムロツヨシ、古田新太、田中圭らの出演でおくるテレビ東京系ドラマ24枠「Iターン」が7月12日深夜放送開始。インテリヤクザを演じた田中さんに「悪圭、良かった」「色気がハンパない」などの声が殺到。“#こわい圭”タグまで登場する盛り上がりをみせている。

最新ニュース スクープ
「Iターン」第1話 (C) 「Iターン」製作委員会
  • 「Iターン」第1話 (C) 「Iターン」製作委員会
  • 「Iターン」第1話 (C) 「Iターン」製作委員会
  • 「Iターン」第1話 (C) 「Iターン」製作委員会
  • 「Iターン」第1話 (C) 「Iターン」製作委員会
  • 「Iターン」第1話 (C) 「Iターン」製作委員会
ムロツヨシ、古田新太、田中圭らの出演で贈るテレビ東京系ドラマ24枠「Iターン」が7月12日深夜放送開始。インテリヤクザを演じた田中さんに「悪圭、良かった」「色気がハンパない」などの声が殺到。“#こわい圭”タグまで登場する盛り上がりをみせている。

本作でムロさんが演じるのは中堅広告代理店・宣告社に勤める45歳の狛江光雄。狛江が左遷同然の人事で赴任した阿修羅市を牛耳る二大ヤクザのうちのひとつ「岩切組」の組長・岩切猛に古田さん。岩切とは犬猿の仲の「竜崎組」組長でサラ金「ドラゴンファイナンス」の社長でもある竜崎剣司に田中さん。宣告社阿修羅支店のやる気がなく定時退社が当たり前の営業マン・柳直樹には渡辺大知。事務の吉村美月には鈴木愛理といったキャストが出演。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
狛江は左遷同然の人事で本社から地方の支社に単身赴任することになる。赴任先の“阿修羅市”は文字通りヤクザが牛耳る“修羅の街”で、社員2名の貧弱支店の支店長になった狛江は早速挨拶回りに向かうが、挨拶に向かった先のサラ金「ドラゴンファイナンス」は明らかに“ヤバめ”な雰囲気。社長の竜崎から新規案件を獲得するも、下請けの印刷屋を足蹴にしたばかりに「竜崎組」「岩切組」双方から借金を背負わされ、さらに岩切組の舎弟にされてしまう…というのが1話のストーリー。


SNS上では田中さん演じる竜崎が現れた瞬間から「キターたつざきさんキター最初からこえー!!!」「か、、かっこいいよ、、田中圭」「竜崎の色気がハンパない」など、田中さんの“極道”ぶりに(いい意味で)震えあがる視聴者が続出。

さらに田中さんの登場に合わせてムロさんが「田中圭でてきた、こわい圭でてきたっ、」とツイート。


するとこれに呼応するように“#こわい圭”なるタグが発生。「興奮しすぎて寝られないよ #こわい圭」「来週も #こわい圭 見られそうで楽しみ」「こわい圭くん、どちゃくそカッコよくてしびれた」など“こわい圭”というタグやワードを入れたツイートが続々タイムラインを流れるように。

田中さんの新たな魅力に多くの視聴者の興奮が収まらない様子だ。

《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top