「ゴシップガール」、正式にリブート化 オリジナル版のクリエイターたちが参加

米CW局で2007年から2012年まで放送された「ゴシップガール」が、正式にリブート化されることが明らかになった。

最新ニュース ゴシップ
「ゴシップガール」の面々-(C)Getty Images
  • 「ゴシップガール」の面々-(C)Getty Images
  • ブレイク・ライブリー-(C)Getty Images
  • レイトン・ミースター -(C) Getty Images
米CW局で2007年から2012年まで放送された「ゴシップガール」が、正式にリブート化されることが明らかになった。2020年春に開始予定のワーナーメディアの新ストリーミング配信サービス「HBO Max」で、配信される予定だという。

ブレイク・ライヴリー、レイトン・ミースターらオリジナルキャストの出演は明らかになっていないが、クリエイターには前メンバーのジョシュア・サフラン、ジョシュ・シュワルツ、ステファニー・サヴェージがカムバック。

サフランは「ぼくたちはみんなオリジナルのゴシップガールが大好きだった。仕事で素晴らしい時間を過ごせたよ。人生で大きなパートを占めるものになったね」と「The Hollywood Reporter」に語り、「運よく、みんなの都合が(リブートに)取り掛かるためにぴったり合った。ワーナーもこの企画にすごく情熱を持っているみたい。ベストタイムにして最高の方法で実現できそうだ」「誰も、ただ単に物語を作り直すことは求めてない」と自信をみせている。

舞台はオリジナル版から8年後のニューヨークの私立学校。新しい世代のティーンたちが主役となる。年月を経て、世界がどのように変わったか、ソーシャルメディアやその影響の変化などにも焦点が当てられる。
《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top