“真犯人”は誰!? 「増田説」まで登場…黒幕予想合戦が過熱中!「ボイス 110緊急指令室」第2話

唐沢寿明が妻を殺された復讐に燃える刑事役で主演する「ボイス 110緊急指令室」の第2話が7月20日放送。樋口の妻を殺した“真犯人”のセリフから“黒幕”を演じるキャストの“予想合戦”が過熱している。

最新ニュース スクープ
「ボイス110緊急指令室」第2話 (C) NTV
  • 「ボイス110緊急指令室」第2話 (C) NTV
  • 「ボイス110緊急指令室」第2話 (C) NTV
  • 「ボイス110緊急指令室」第2話 (C) NTV
  • 「ボイス110緊急指令室」第2話 (C) NTV
  • 「ボイス110緊急指令室」第2話 (C) NTV
  • 「ボイス110緊急指令室」第2話 (C) NTV
  • 「ボイス110緊急指令室」第2話 (C) NTV
  • 「ボイス110緊急指令室」第2話 (C) NTV
唐沢寿明が妻を殺された復讐に燃える刑事役で主演する「ボイス 110緊急指令室」の第2話が7月20日放送。樋口の妻を殺した“真犯人”のセリフから“黒幕”を演じるキャストの“予想合戦”が過熱している。

3年前、勘と行動力で突き進む凄腕刑事だった樋口彰吾は、猟奇殺人犯に妻を殺される。犯人と目される男が逮捕され裁判にかけられるが、緊急指令室で妻の通報を受けた橘ひかりは「真犯人が別にいる」と言い出す。それを責任逃れだと感じた樋口はひかりに怒りを向けるが、3年後、ひかりは通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」することを使命とするECU(Emergency Call Unit)を設立。その隊員として樋口を指名する…。


樋口彰吾役に唐沢さん、橘ひかり役に真木よう子、樋口を「兄貴」と呼び慕っている石川透を「NEWS」増田貴久。3人のほか樋口とかつてコンビを組んでいた沖原隆志に木村祐一、港東警察署署長の田所賢一に小市慢太郎、ECU副室長の落合智明に安井順平、ホワイトハッカーとしてECUに参加する緒方拓海に田村健太郎、樋口たちが行きつけの居酒屋店主・森下志津にYOU、樋口の妻・未希に菊池桃子といったキャスト。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
2話は前回のラストで絶体絶命となった萩原夏美(吉川愛)がギリギリのところで救出されるところからスタート。夏美の拉致現場がアクアショップだとなぜわかったのか? と問う樋口に、ひかりは自分が特殊聴力があると告白するが信じてもらえない。しかし樋口は遠くにいるひかりに話しかけ、彼女の話が本当だと確信する。


ひかりは樋口に3年前の真実を話す。それは警察内部に影響力のある人物が真犯人だという信じがたいものだった。樋口とひかりが話しているとそこに、3年前の事件の犯人として逮捕され、その後逃亡を図った相良(平原テツ)が自殺したという連絡が。現場に行き死体を確認した2人は相良が他殺だと確信するが、事件は自殺として処理されてしまう…という展開。


今回、交番勤務だったひかりの父も3年前、あの事件で“真犯人”に殺されていたことがわかった。回想シーンに登場した犯人は1話よりセリフも多く、その声から“真犯人”と演じている俳優を予想するツイートが続々。

「真犯人の声がなーんとなく聞いたことあるっぽくて役者が気になる」「小市さんが黒幕かな…?」「増田が黒幕なんじゃないの?1番近くにいた人間が黒幕ってよくあるし」「真犯人の役って伊勢谷友介なのかな」「黒幕誰かなー伊勢谷友介さんとかかな」など、現時点で登場しているキャラクターはもちろん、声色から出演していない伊勢谷さんの名前が上がるなど、視聴者が想い想いに“真犯人”予想合戦を繰り広げている。

《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top