2つの世代のウィル・スミスが激突!「当時の自分ではムリだった」『ジェミニマン』

ウィル・スミスが主演をつとめる最新作『ジェミニマン』から、ウィルと監督のアン・リー、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーが本作の革新的技術について熱く語る特別映像が解禁となった。

映画 洋画ニュース
『ジェミニマン』 (C)2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED
  • 『ジェミニマン』 (C)2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED
  • 『ジェミニマン』(C)2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ジェミニマン』 (C)2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED
『アラジン』のジーニー役でも魅力を炸裂させているトップスター、ウィル・スミスが主演をつとめる最新作『ジェミニマン』。この度、ウィルと監督のアン・リー、そしてハリウッドを代表するヒットメーカー、ジェリー・ブラッカイマーが本作の革新的技術について熱く語る特別映像が解禁となった。

>>『ジェミニマン』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、ウィル演じる伝説的暗殺者ヘンリーが、神出鬼没で絶対に殺せないと評される最強のターゲットを追い詰めたとき、その正体が秘密裏に作られた“若い自分自身”のクローンだという衝撃の事実を知り、巨大な陰謀に巻き込まれていく近未来アクションエンターテインメント。

本作の撮影では、最新技術により、ウィル自身が暗殺者ヘンリーと秘密裏に作られた自身のクローンの一人二役に挑戦。超大作を次々と世に送り出してきた大スターであるウィルも「本作へ携わるにあたってのエモーショナルかつフィジカルな挑戦は、僕のキャリアの中で過去最高に要求の高いものだった」と語っていた。

『ジェミニマン』 (C)2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED
この度到着した撮影現場のメイキング映像では、最先端の3D技術によりウィルが自身の若かりし姿を演じたジュニアの出来上がるまでの工程も明らかに。現在の伝説的暗殺者ヘンリーと彼を殺すために送り込まれた20代のクローン、ジュニアの一人二役に挑んだウィルは、2つの世代を演じ分け、なおかつ自分自身との激しいアクションにも挑戦している。

自身のキャリアの中でも最もハードルの高い役柄と語っていたウィルだが、「これまで俳優として培った経験のおかげで、2つの世代を演じ分けることができた。23歳の頃ではジュニアは演じることが出来なかった」とコメントしており、トップスターとしてキャリアを重ねた現在の彼だからこそ演じることができた若きウィル・スミスの姿は要注目!

『ジェミニマン』(C)2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
製作のジェリー・ブラッカイマーは、ウィルを支えた最新技術について、「私たちが開発した技術は、アン・リー監督が長年求めていたもの。他のどの監督もやろうとしなかったことに挑戦している」と語り、監督のアン・リーも「この2人のウィル・スミスは誰も見たことのないものだ」と太鼓判を押す。


難役に挑戦したウィル自身も、「テクノロジーのおかげで凄まじい映像が実現している。この作品は映画製作も映画の見方も変えてしまうものになるだろう」と語っており、ハリウッドを代表するトップメーカーたちとこれまで数々のオスカーに輝いた「WETAデジタル」が手掛けるVFX技術が融合し、“誰も見たことのない未知の映像体験”が待ち受けることになりそうだ。

『ジェミニマン』は10月25日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top