疲れた心に沁みるピュアな恋心…ストレスフリーの“癒し系”ラブコメディ、「30だけど17です」

「30だけど17です」は、13年の歳月を経て再会した30歳の2人が、もう一度人生を取り戻すまでのひと時の休息を描く癒しのドラマだ。

韓流・華流 コラム
「30だけど17です」(C)SBS
  • 「30だけど17です」(C)SBS
  • 「30だけど17です」(C)SBS
  • 「30だけど17です」(C)SBS
  • 「30だけど17です」(C)SBS
  • 「30だけど17です」(C)SBS
  • 「30だけど17です」(C)SBS
  • 「30だけど17です」(C)SBS
  • 「30だけど17です」(C)SBS
あの時に戻って、もう一度やり直せたら。人はみんな、そんな「もしも」を抱えて生きている。17歳で昏睡状態に陥り、30歳の体で目覚めたソリと、心の時計が17歳で止まったままのウジン。「30だけど17です」は、13年の歳月を経て再会した30歳の2人が、もう一度人生を取り戻すまでのひと時の休息を描く癒しのドラマだ。

癒しのストーリーと若手俳優の演技力で大ヒット



17歳のウジンは、街で偶然見かけた他校の女子高生に一目ぼれ。友達になりたくて話しかけた日、彼女の乗ったバスが交通事故に巻き込まれる。自分の行動のせいで彼女が死んだと思い込んだウジンは、トラウマから心を閉ざしてしまう。

17歳で交通事故に遭い、13年間ずっと眠っていたソリは、目覚めた自分が30歳になっていることに戸惑う。身内を捜してかつての自宅を訪れると、そこにはウジンが住んでいた。行くあてのないソリは、しばらくウジンのもとに居候することになる。

「30だけど17です」(C)SBS
次第に明らかになっていく13年の空白に隠された真実と、心温まるストーリーが視聴者を引きつけ、放送スタートから同時間帯視聴率1位を独走。2018年末のSBS演技大賞で最優秀演技賞(シン・ヘソン)、優秀演技賞(ヤン・セジョン)ほか計5冠に輝くなど、人気&クオリティともに折り紙付きの話題作だ。

ツンデレ系とお日さま系、2タイプの癒し系男子がヒロインを支える



「30だけど17です」(C)SBS
人と関わることを嫌い、変わり者扱いされているウジンだが、本当は優しい心の持ち主。誰かを傷つけることが怖くて他人を拒絶してしまう複雑な心の動きを、ヤン・セジョンが繊細に演じている。

最初はソリにも冷たい態度を取るけれど、ピュアな彼女と接するうちに心を開いていくウジン。回を追うにつれ、本来の明るさとお茶目な性格が顔を出すように。世間知らずのソリが男に誘われバーに行ったと聞くや、慌てて駆けつけてソリの代わりにワインを一気飲みするなど、意外と無茶な一面も。そこで露呈する酒癖が「逃げる」「隠れる」。何なの、この無害な酒癖。子供なの? なんでそんなに可愛いの? 「愛の温度」でも年上女性の心をがっちりつかんだヤン・セジョンは、母性本能をくすぐるツンデレ男子を演じさせたら絶品だ。

「30だけど17です」(C)SBS
ウジンの心を溶かすソリは、見ているだけで幸せな気持ちになる、とろけるような笑顔の持ち主。演じるシン・ヘソンは、抜群の演技力で17歳のあどけなさを表現。10代の女子が好みそうな洋服も違和感なく着こなし、見た目は30歳だけど心は17歳という難役を見事に演じきった。

何事もなければ叶えられるはずだったバイオリニストになる夢、青春の輝かしい時間、愛する家族……。それらをすべて失ったソリの運命はあまりに苛酷だけれど、まっすぐに立ち向かう彼女の強さを誰もが応援したくなるはず!

ソリに心を奪われる男子がもう1人。ウジンが可愛がる甥っ子で、ウジンの家に居候している高校生のチャンだ。

「30だけど17です」(C)SBS
キラキラした瞳と天真爛漫な笑顔で、どんな時もソリを元気づけてくれるチャンは、このドラマのお日さまのような存在。高校ボート部のエースで、食べることと体を鍛えることしか頭にないような男の子だったが、ソリと親しくするうちに、次第に恋心を抱くように。「全国大会で優勝したらおばさんに告白する」と決意し、ひたすらトレーニングに打ち込んでいく。

大きな体のチャンがペットのヒヨコ相手に恋バナにふけったり、大好きなウジンに甘える姿も微笑ましい。ウジンとチャンのブロマンス的な関係性もこのドラマの見どころで、クールなウジンがチャンだけにする愛情表現“ほっぺにぶちゅ~”の破壊力は絶大。

意地悪なキャラクターはゼロ!
登場人物全員が愛おしい



「30だけど17です」(C)SBS
意地悪なキャラクターがひとりも登場せず、ストレスフリーで見られるのもこのドラマのポイント。古今東西の金言を繰り出して的確なアドバイスをする謎のスーパー家政婦・ジェニファー、初恋相手のソリを目覚めさせたい一心で医者になったヒョンテ、ソリをライバル視するバイオリニストのリンなど、誰もが心に「もしも」や後悔を抱えていて、そんな全員の人生が愛おしい。お笑いパートを担うチャンの個性的なボート仲間や、うるうる目でソリとウジンを見守るワンコにも癒される。



<「30だけど17です」リリース情報>
TSUTAYA先行でレンタル中
DVD-BOX1 発売中
DVD-BOX2 8月2日(金)発売
各\15,000(税抜)
発売・レンタル販売元:PLAN Kエンタテインメント
セル販売元:TC エンタテインメント
※TSUTAYA TV にて先行配信中
(C)SBS
《text:Rie Nitta》

特集

関連記事

特集

page top