三吉彩花、N.Y.やナイアガラでも踊らずにいられない!『ダンスウィズミー』SP映像

『ダンスウィズミー』から、三吉彩花がN.Y.タイムズスクエア前やナイアガラの滝などで踊りまくるスペシャル映像の第2弾が解禁となった。

映画 邦画ニュース
日本公開を前に上海国際映画祭正式上映、トロント日本映画祭では “特別監督賞”と“観客賞”をW受賞した『ダンスウィズミー』。N.Y.タイムズスクエア前やナイアガラの滝などで三吉彩花が踊りまくるスペシャル映像の第2弾が解禁となった。

>>『ダンスウィズミー』あらすじ&キャストはこちらから

三吉彩花、N.Y.~トロント~上海へ!世界の大都市で踊らずにはいられない


『ダンスウィズミー』(C)2019「ダンスウィズミー」製作委員会
今回解禁となったのは、音楽が聞こえるたびに歌わずに踊らずにいられないカラダになってしまった静香を演じた三吉さんが、映画さながらに踊ってしまうスペシャル映像。ニューヨークの観光地でもパワフルな踊りを見せており、数多くの有名企業の看板に囲まれているタイムズスクエア、伝統のある金融街ウォールストリート、市民の憩いの場であるマディソン・スクエア・パークで「狙いうち」にあわせてダンス! さらに、ナイアガラの滝やカナダのトロント、中国の上海など世界各国でキレのあるダンスを見せつけ、三吉さんはもう止まらない!


三浦貴大、サンバの衣装に身を包んで飛び入り参加!?


『ダンスウィズミー』(C)2019「ダンスウィズミー」製作委員会
さらに世界を駆け巡ってきた勢いそのままに、日本全国の地域にゆかりのあるダンサーともコラボレーション。大阪では、6月に開催されたG20大阪サミットで世界中のメディアにとりあげられたオバチャンダンスグループ「オバチャーン」と共演。通天閣を背負い、総勢14人の「オバチャーン」と一緒に狙いうちダンス! 腰をくねくねと陽気に動かす「オバチャーン」からは笑顔がこぼれる。

次の沖縄では、伝統芸能でもある“エイサー”を踊る青年たちと。力強く太鼓を持ち、舞う姿からはたくましさが感じられ、三吉さんとのコンビネーションも抜群。名古屋では、しゃちほこ踊りの踊れる芸者さんと、金屏風の前で金のしゃちほこに囲まれながら軽快な踊りを披露。

そして、神戸では名物であるサンバダンサーズと一緒に、“嘘くさい先輩エリート社員の村上”として出演する三浦貴大もサンバの衣装に身を包んで登場。特大のスマイルを見せつつ、元気いっぱいの子どもたちとも一緒に踊りを披露している。続いて、北海道のへそ(中央)に位置する富良野で行われている「北海へそ踊り」の踊り手たちと一緒にダンシング! 上半身にユニークな顔を描いた踊り手たちとともに踊りを見せる三吉さん。

『ダンスウィズミー』(C)2019「ダンスウィズミー」製作委員会
さらに公式サイトでは、番外編として、やしろ優と女芸人「ダンサーズ」、ミス慶応ファイナリスト6名が同じダンスを踊る映像も公開されている。

『ダンスウィズミー』は8月16日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top