キム・カーダシアン、補正下着の新しいブランド名をついに発表

6月に自身の補正下着のブランド名に「KIMONO」と名付けたことから、世界中から批判を受け、名前の変更を余儀なくされたキム・カーダシアンが、ついに新しいブランド名を決定した。

最新ニュース ゴシップ
キム・カーダシアン-(C)Getty Images
  • キム・カーダシアン-(C)Getty Images
  • キム・カーダシアン-(C)Getty Images
  • キム・カーダシアン-(C)Getty Images
6月に自身の補正下着のブランド名に「KIMONO」と名付けたことから、世界中から批判を受け、名前の変更を余儀なくされたキム・カーダシアンが、ついに新しいブランド名を決定した。

「ファンやフォロワーは、私にとって大きなインスピレーションなの。いつでも彼らのフィードバックや意見に耳を傾けているわ。だから、新しいブランド名に関する意見をシェアしてくれたみんなにはとても感謝してるの」と前置きした上で、「熟考した結果、スキムズ・ソリューションウェアのローンチを発表できることをうれしく思う」と、SNSで発表した。


スキムズ(SKIMS)の名前の由来は、同補正下着が「驚くほど柔らかく、支えてくれる生地で、皮膚の表面をSKIMMINGし(覆い)、身体のベストパートを強調する」という特長にあるようだ。サイズ展開はXXS~5XLで、9月10日から発売開始予定。

すでに桁外れなお金持ちのキムではあるが、スキムズ・ソリューションでさらなる財産を築くことができるのだろうか。アラビア版『VOGUE』誌9月号で、キムは「お金がいつもゴールだった。でも、名声にはもっと執着しているの。それこそ、あきれるほどに執着している。名声って、中毒性があるものだっていうけど、本当にその通りよ」と発言している。
《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top