60年代アメリカとタランティーノがかけた魔法…『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を読み解く

鬼才クエンティン・タランティーノ監督作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(公開中)。豪華二大スターを迎え、古き良き時代だったハリウッド黄金時代の光と影を映し出している。

最新ニュース コラム
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
鬼才クエンティン・タランティーノ監督の9作目となる長編監督作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(公開中)。これまで実現することのなかった豪華二大スターを迎え、古き良き時代だったハリウッド黄金時代の光と影を映し出している。

脚本制作に5年を費やし、徹底的なリサーチの下に再現された60年代・ハリウッドの文化や街並みは圧巻! 衝撃的な事件が起こった1969年を舞台に本作で描かれるのは、ロサンゼルスに住む主人公2人が織り成すノスタルジックでマジカルな夢物語だ。

ヒッピー文化の頂点を迎えた
60年代アメリカの息吹


1960年代、ベトナム戦争真っ只中のアメリカでは、キング牧師やマルコム・X率いるアフリカ系アメリカ人らを中心とした公民権運動が盛んに行われ、男女の賃金格差や貧困、人権問題など、様々な社会的矛盾への抗議によって国内は分裂の危機に瀕していた。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
その一方で、若者を中心に新たなる価値観を求めるカウンターカルチャーが隆盛に。ロックンロールやアメリカン・ニューシネマが大人気となり、ドラッグ&フリーセックスや男性の長髪&ひげなど、独特のファッションセンスと思想を持つムーブメント=ヒッピー文化が頂点を迎えた時代だったのだ。

ハリウッドを震撼させた
「シャロン・テート事件」とは?


そんなヒッピー文化最盛期の1969年8月9日。当時『ローズマリーの赤ちゃん』(1968年)で時代の寵児となっていたロマン・ポランスキー監督の妻で女優のシャロン・テートと友人らが、カルト集団「マンソン・ファミリー」のメンバーによって惨殺される事件が起こる。

シャロン・テート&ロマン・ポランスキー監督 (C) Getty Imagesシャロン・テート&ロマン・ポランスキー監督 (C) Getty Images
自分流に「聖書」を解釈し、自らをキリストもしくは悪魔と称したチャールズ・マンソンは、家出娘たちを集めてセックスや幻覚剤LSDなどを使って洗脳。ロサンゼルス郊外のスパーン牧場で約20人もの大所帯となるヒッピーコミューンを形成する。

そして彼を信奉する3人の女性がポランスキー宅に押し入り、テートの全身を刃物で切り裂き、その血で玄関扉に“pig”と書き残して逃走。当時テートは妊娠8か月、26歳という若さだったという。

「昔むかし、ハリウッドで…」
タランティーノがかけた魔法


『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
このシャロン・テート事件を下敷きにした本作で、タランティーノは落ち目のテレビ俳優とそのスタントマンの悩ましくも夢のような日々と友情に焦点を当て、狂騒的かつ平和でもあった60年代のワンダーランドを見事に再現してみせた。

タランティーノがかけた最大の魔法は、これまで共演することが一切なかったハリウッドが誇る二大スターの姿をスクリーンに同時に映し出したことだろう。

レオナルド・ディカプリオ:俳優リック・ダルトン


『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
ピークを過ぎたテレビ俳優リックは、映画スターへの転身を試みるもうまくいかず、精神的に不安定になっていた。いよいよ追い込まれたリックは、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演することになるが…。

外ではスターとして格好良くきめていても、家では必至にセリフを覚え、撮影でやらかした失敗に激しく自分を責めるリック。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
夢を見続けたいと願う落ち目の俳優が、自分の現在の価値を思い知らされ悔し涙を流す~そんな悲しくも滑稽な姿を、ディカプリオは切なさとともに魅力的に演じている。

悪役として参加した西部劇でみせた彼の渾身の演技は必見! 目頭が熱くなること請け合いだ。

ブラッド・ピット:スタントマンのクリフ・ブース


『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
またリックのスタントマンを務めるクリフは、雇われのお世話係でもあり、車の運転やテレビアンテナの修理など細々とした用事も全て行っている。リックと同じくジリ貧ながらも、マイペースにリックを支える日々だ。仕事以上の深い関係で結ばれる2人だが、その関係にも変化のときが…?

妻を殺したとうわさされるクリフ。暴言を吐く妻の姿がフラッシュバックされたり、ブルース・リーと“人殺し”について会話したりするシーンはあるものの、その過去は謎に包まれている。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
リックに変わり危険なスタントをこなすクリフ役を演じたブラッド・ピットは、55歳とは思えない軽やかなフットワークと鍛え上げられた肉体を披露。余裕たっぷりのアクションシーンにもキュンキュンさせられる。さりげないタイミングで登場するサービス・ショットもお楽しみに!

リックの隣人、
ロマン・ポランスキー監督&シャロン・テート


『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
また坂の上の豪華な住宅エリアに暮らすリックの隣人は、ハリウッドで最も勢いがあるロマン・ポランスキー監督と女優のシャロン・テートだ。2人はつい最近引っ越してきたばかりで、リック&クリフとは対照的に、華やかなハリウッドを謳歌している。

物語はリックとクリフを追う一方で、将来に期待がかかる若手女優であるテートがパーティーに興じたり、自分が出演する映画を観るため映画館を訪れたりと、ハリウッドを満喫する姿も映し出す。

扮するマーゴット・ロビーはきらびやかで夢あふれるテートを体現するが、その姿には常に不穏な空気がつきまとう。そして本作が“タランティーノ作品”であることに気づいた観客は、そっと息を詰めて最後まで見届ける決意をさせられるのだ。

そして1969年8月9日、映画史を塗り替える事件が起きる。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
シャロン・テート事件からちょうど50年の節目に、映画を心から愛する監督が渾身の想いでつむぐ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。上映時間2時間41分、タランティーノの映画愛とノスタルジックな魔法に、どっぷりと浸ってみてはいかが?(text:足立美由紀)
《text:Miyuki Adachi》

特集

関連記事

特集

page top