松岡茉優&鈴鹿央士、月光の下でピアノ連弾!『蜜蜂と遠雷』本編シーン到着

松岡茉優が主演をつとめる映画『蜜蜂と遠雷』から、松岡さんと新星・鈴鹿央士が月光の下でまるで会話を交わすかのように奏でる連弾シーンが解禁された。

映画 邦画ニュース
『蜜蜂と遠雷』(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会
  • 『蜜蜂と遠雷』(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会
  • 『蜜蜂と遠雷』(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会
  • 『蜜蜂と遠雷』(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会
  • 『蜜蜂と遠雷』 (C)2019「蜜蜂と遠雷」製作委員会
  • 『蜜蜂と遠雷』 (C)2019「蜜蜂と遠雷」製作委員会
  • 『蜜蜂と遠雷』 (C)2019「蜜蜂と遠雷」製作委員会
  • 『蜜蜂と遠雷』 (C)2019「蜜蜂と遠雷」製作委員会
  • 『蜜蜂と遠雷』(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会
恩田陸の新たな代表作を松岡茉優が主演をつとめ、松坂桃李、森崎ウィン、そして新星・鈴鹿央士の共演で描く映画『蜜蜂と遠雷』。この度、松岡さんと鈴鹿さんが月光の下でまるで会話を交わすかのように奏でる連弾シーンが解禁された。

>>『蜜蜂と遠雷』あらすじ&キャストはこちらから

この度解禁となったのは、ピアノ連弾シーンの本編映像。松岡さん演じる“元神童”・栄伝亜夜と、鈴鹿さん演じる“ピアノの神”が遺した異端児・風間塵がピアノ工場で、月明かりが差し込む中、2人きりでピアノの連弾を楽しむシーン。

『蜜蜂と遠雷』 (C)2019「蜜蜂と遠雷」製作委員会
塵がドビュッシーの「月の光」を弾きはじめると、促されるように亜夜も楽しげに音を重ねてくる。そのまま、H・アーレンの「IT’S ONLY A PAPER MOON」で盛り上がりを見せた後は、弾き始めとは反対に亜夜のリードで、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第14番「月光」とタイトルに「月」が出てくる楽曲を使用し、“ムーンメドレー”を締めくくる。セリフがなく、ピアノの音色と楽しげな2人の表情だけの演技は、まるでピアノで会話を交わしているかのようで亜夜と塵の感情が伝わってくるシーンだ。


原作者の恩田陸はこのシーンを「劇中のお気に入りのシーンの1つ」と挙げ、映像・音楽の美しさを絶賛しており、松岡さんも「亜夜が音楽の楽しさを思い出す、重要なシーンで撮影も印象深かった」と語るなど、劇中でも重要なシーンとなっている。

劇中では亜夜と塵だけでなく、亜夜とマサル(森崎さん)の連弾シーン、各キャストごとのキャラクターに寄り添った楽曲が聴きどころ。劇中の演奏曲には、ショパン、バッハ、ブラームス、モーツァルト、プロコフィエフなど一度は耳にしたことのある作曲家の代表曲を、日本最高峰のピアニスト(河村尚子、福間洸太朗、金子三勇士、藤田真央)が、それぞれのキャラクターに沿った演奏で作り上げている。

『蜜蜂と遠雷』(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会
『蜜蜂と遠雷』は10月4日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top