クリステン・スチュワート、カミングアウトによってハリウッドで直面した問題について明かす

UK版「Harper’s Bazaar」の表紙を飾ったクリステン・スチュワートが、自身のセクシュアリティ(性的指向)によってハリウッドで直面した問題について語った。

最新ニュース ゴシップ
クリステン・スチュワート-(C)Getty Images
  • クリステン・スチュワート-(C)Getty Images
  • クリステン・スチュワート-(C)Getty Images
  • クリステン・スチュワート-(C)Getty Images
  • クリステン・スチュワート-(C)Getty Images
  • クリステン・スチュワート-(C)Getty Images
  • クリステン・スチュワート-(C)Getty Images
UK版「Harper’s Bazaar」の表紙を飾ったクリステン・スチュワートが、自身のセクシュアリティによってハリウッドで直面した問題について語った。

「十分言われてきた。『悪いことは言わないから、女の子と手をつないで外を歩いたりしないで。そうすればマーベル映画にだって出演できるんだから』ってね。でも、べつにそんな人たちと一緒に働きたくないし」。

クリステンは『トワイライト』で共演したロバート・パティンソンと交際中に、自身の主演映画『スノーホワイト』のルパート・サンダース監督と不倫関係に。その後は、セイント・ヴィンセント、歌手のSoKo、ステラ・マックスウェルと交際してきた。2017年には「サタデー・ナイト・ライヴ」で「私はすっごくゲイ」とカミングアウトもしている。

カミングアウトしたのは「ただ単に、人生を楽しみたいだけ」とクリステン。「それに、(カミングアウトしないで)自分の生活を守ろうとすると、どんどんダメになっていっちゃう。たとえば、付き合っている人と一緒に外に出られないとか、インタビューを受けて話すことができないとかね」。

「世界には私のことを嫌いな人がいる。女性とデートしている私のことがイヤという人たちね。私が自分のことをいわゆる“レズビアン”って定義しても、“異性愛者”と定義しても、嫌がる人がいる。それでも、人ってそういうことを知りたがるでしょ。何なのって感じ」と語った。

クリステンは現在脚本家のディラン・マイヤーと交際中だ。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top