成田凌『カツベン!』、Netflix『アイリッシュマン』が東京国際映画祭の“顔”に

第32回東京国際映画祭のオープニング作品『男はつらいよ お帰り 寅さん』発表に続き、GALAスクリーニング作品に『カツベン!』、クロージング作品にNetflixオリジナル映画『アイリッシュマン』が決定した。

映画 邦画ニュース
『カツべン!』(c)2019「カツベン!」製作委員会
  • 『カツべン!』(c)2019「カツベン!」製作委員会
  • 『カツべン!』(c)2019「カツベン!」製作委員会
  • 『カツべン!(仮)」(c)「2019 カツベン!(仮)」製作委員会
  • Netflixオリジナル映画 『アイリッシュマン』11月27日(水)独占配信開始
  • Netflix オリジナル映画『アイリッシュマン』11月全世界同時配信開始
  • 『男はつらいよ お帰り 寅さん』(C)2019松竹株式会社
  • 『男はつらいよ50 おかえり、寅さん』(仮題) 製作会見 (C)2019松竹株式会社
今年10月28日(月)~11月5日(火)の10日間で開催される第32回東京国際映画祭。先日発表されたオープニング作品『男はつらいよ お帰り 寅さん』に続き、GALAスクリーニング作品に成田凌主演&周防正行監督の最新作『カツベン!』、クロージング作品にマーティン・スコセッシ監督のNetflixオリジナル映画『アイリッシュマン』が決定。同映画祭の顔となる3本が出そろった。

>>『カツベン!』あらすじ&キャストはこちらから
>>『アイリッシュマン』あらすじ&キャストはこちらから

昨年から始まった、東京国際映画祭期間中のハイライトとして、観客および世界に注目してほしい作品をセレクトするGALAスクリーニングは名匠・周防監督の最新作『カツベン!』。いまからおよそ100年前の日本、“活動弁士”を夢見る一人の若き青年を主人公に、日本映画の未来を夢見た人々の群像を描いた物語。“声”にまつわる壮絶なオーディションを勝ち抜いた成田さんが映画初主演に挑戦、ヒロインは若手最注目の黒島結菜がつとめる。

『カツべン!(仮)」(c)「2019 カツベン!(仮)」製作委員会
また、フィナーレを飾るクロージング作品は、ハリウッドの巨匠・マーティン・スコセッシ監督初のNetflixオリジナル映画『アイリッシュマン』。第2次大戦後のアメリカ裏社会を舞台にしたロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ペシといったオスカー俳優たちの超豪華共演作で、昨年の『ROMA/ローマ』のように各国の国際映画祭や映画賞レースを席巻するのでは? と早くも世界中で話題沸騰となっている。

Netflixオリジナル映画 『アイリッシュマン』11月27日(水)独占配信開始
なお、「寅さん」シリーズ22年ぶりの新作にして第50作となる山田洋次監督『男はつらいよ お帰り 寅さん』が映画祭オープニング作品。「一人の俳優が演じた最も長い映画シリーズ」としてギネス世界記録を現在も保持している、まさに日本が世界に誇る映画シリーズが奇跡の帰郷を果たす。

『男はつらいよ お帰り 寅さん』(C)2019松竹株式会社
第32回東京国際映画祭は10月28日(月)~11月5日(火)、六本木ヒルズ、EXシアター六本木、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場にて開催。

『カツベン!』は12月13日(金)より全国にて公開。

Netflixオリジナル映画『アイリッシュマン』は11月27日(水)よりNetflixにて全世界同時配信開始。

『男はつらいよ お帰り 寅さん』は12月27日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top