山田涼介&三宅健との共演に「ビッグバンが起きてしまう」と興奮の声も…「セミオトコ」第7話

「Hey! Say! JUMP」山田涼介がイケメンセミ王子となって、木南晴夏演じるさえないアラサー女子・由香を幸せにする「セミオトコ」の第7話が9月6日オンエア。今回は山田さんと「V6」三宅健がついに共演、セミオと由香のキスシーンにも大きな反響が寄せられている。

最新ニュース スクープ
「セミオトコ」第7話 (C) テレビ朝日
  • 「セミオトコ」第7話 (C) テレビ朝日
  • 木南晴夏/「セミオトコ」制作発表記者会見
  • 今田美桜/「セミオトコ」制作発表記者会見
  • やついいちろう/「セミオトコ」制作発表記者会見
  • 北村有起哉/「セミオトコ」制作発表記者会見
  • 阿川佐和子/「セミオトコ」制作発表記者会見
  • 檀ふみ/「セミオトコ」制作発表記者会見
「Hey! Say! JUMP」山田涼介がイケメンセミ王子となって、木南晴夏演じるさえないアラサー女子・由香を幸せにする「セミオトコ」の第7話が9月6日オンエア。今回は山田さんと「V6」三宅健がついに共演、セミオと由香のキスシーンにも大きな反響が寄せられている。

国分寺のアパート「うつせみ荘」に暮らす、幼い頃からとにかくツイていない人生を歩んできたアラサー女子・大川由香はある日ベランダから落下。その際に助けた羽化直前のセミが“恩返し”のため超イケメン姿に変身、由香の前に現れる。こうしてセミオと由香、そして「うつせみ荘」の住人たちとの日々が始まった。しかしセミの成長の寿命は7日、セミオと由香の幸せな生活に終わりが迫っていた…というのがこれまでのストーリー。

セミオを山田さんが、由香を木南さんが、「うつせみ荘」の住人で服飾専門学校に通う熊田美奈子を今田美桜が、大家の庄野くぎこを檀ふみ、妹のねじこを阿川佐和子が、絵本作家の岩本春を山崎静代が、その夫・マサをやついいちろうが、余命短い元医者の小川邦夫を北村有起哉がそれぞれ演じるほか、由香が働く弁当工場の先輩従業員・桜木翔子に佐藤仁美、由香の兄で“伝説のヤンキー”健太に「V6」三宅さんといった顔ぶれ。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
ついにセミオと由香の生活も7日目を迎えた。小川は由香がセミオとともに死ぬつもりなのでは? という不安を抱いていた。その頃デート帰りの由香は父、母、そして兄と出くわす。3人はセミオと幸せそうにしている由香の姿を見てこっそり帰ろうとしていたところを由香に見つかったしまったのだ…というのが今回の展開。

ついにファン待望(?)のセミオと健太の共演が実現。セミオからターンを教わる健太の天真爛漫な姿に「山田涼介と三宅健が交わる美しい世界」「顔面が強い!!!強すぎる!画面がわれるーーーー!!」「三宅健と山田涼介が絡むとビッグバンが起きてしまう」など、発狂にも似た興奮を覚える視聴者からのツイートがタイムラインに溢れる。

その後帰宅したセミオと由香。セミオは由香が死を考えていることを見抜き「許さないよそれは。絶対にダメだ」と話す。泣き崩れる由香にセミオは「幸せに生きてください。それが僕の願いです」と伝えキスをする…。

これまでの頬へのキスではなく、くちびるへのキス。「ちゅーじゃなくてぶちゅー」「山田涼介のキスが本当にガッツリうつったの初」「ここまで綺麗なキス見たことないです。尊い」など、山田さんの“美麗キス”にファンからも賞賛の声が上がっている。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top