『天気の子』120億円超えで本年度No.1ヒット!声出しOKの大合唱上映も決定

『天気の子』が9月8日(日)までの公開52日間で観客動員900万人、興行収入120億円を突破、本年度公開映画No.1の大ヒットとなり、大合唱上映が決定した。

映画 邦画ニュース
『天気の子』(C)2019「天気の子」製作委員会
  • 『天気の子』(C)2019「天気の子」製作委員会
  • 『天気の子』(C)2019「天気の子」製作委員会
  • 『天気の子』(C)2019「天気の子」製作委員会
  • 『天気の子』(C)2019「天気の子」製作委員会
  • 『天気の子』(C)2019「天気の子」製作委員会
  • 『天気の子』(C)2019「天気の子」製作委員会
  • 新海誠監督 最新作『天気の子』会見
  • RADWIMPS
第44回トロント国際映画際に正式出品され、米アカデミー賞日本代表作品にも選出された『天気の子』が、9月8日(日)までの公開52日間で観客動員900万人、興行収入120億円を突破! 本年度公開映画No.1の大ヒットとなった。

>>『天気の子』あらすじ&キャストはこちらから

2回、3回と劇場に詰めかけるリピーターが続出している本作。公開から34日間で興行収入100億円を突破し、歴代日本映画興収ランキングトップ10入りを果たしていたが、初日7月19日(金)~9月8日(日)までの52日間で観客動員913万9,915人、興行収入121億7980万1,200円となり、本年度公開映画の興行収入No.1を獲得。『君の名は。』に続き日本映画を代表する1作となった。

この知らせに新海誠監督は、「とても多くの方々に『天気の子』をご覧いただけているとのこと、心より感謝いたします。夏休みが終わってもまだまだ上映は続きますから、主人公の少年と少女、彼らの選択と行動が、皆さまの日々の話題のほんのひとつにでもなればとても嬉しいです」とコメント。

新海誠監督 最新作『天気の子』会見
さらに、この記録的大ヒットを記念し、合唱OK、声出しOK、コスプレOK、ペンライトOKの大合唱上映が、東京・大阪・名古屋・福岡・北海道の全国5都市にて9月15日(日)に開催決定。「もう一度あの人に、会いたいんだ!」(帆高)や、「ねぇ、今から晴れるよ」(陽菜)などの名セリフを一緒に叫び、「RADWIMPS」の「愛にできることはまだあるかい」「グランドエスケープ」など歌詞字幕がついた主題歌5曲を大合唱できる。リピーターが多い本作だけに、覚えたセリフや歌を“No More 羞恥心”で全力披露してみては?

また、数量限定の入場者プレゼント「フィルムしおり」の配布も決定。帆高、陽菜、凪など各キャラクターの名シーンをピックアップした全10種(ランダム)。9月14日(土)から本作上映劇場にて配布が開始される。

『天気の子』入場者プレゼント (C)2019「天気の子」製作委員会
本作は140の国と地域での配給が決定し、超異例のインド公開も10月11日に待機。さらに「RADWIMPS」のアルバム「天気の子」も海外人気が非常に高く、中国では7月19日に配信開始されるやいなや、8月22日までの1か月あまりで10万ダウンロードを突破し、映画が未公開にも関わらず、日本のデジタル音楽が中国で残したダウンロード数の最高記録を塗り替えている。

RADWIMPS
『天気の子』は全国東宝系にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top