“名探偵”ダニエル・クレイグが密室殺人に挑む『Knives Out』1月公開 予告編も解禁

ダニエル・クレイグら超豪華キャスト出演、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ライアン・ジョンソン監督最新作『Knives Out』(原題)の日本公開が2020年1月に決定し、海外版予告が解禁。

映画 洋画ニュース
『Knives Out』(原題)Motion Picture Artwork (C) 2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved. Photo Credit: Claire Folger
  • 『Knives Out』(原題)Motion Picture Artwork (C) 2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved. Photo Credit: Claire Folger
  • 『Knives Out』(原題)Motion Picture Artwork (C) 2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved. Photo Credit : Lionel Hahn/Lionsgate
  • ライアン・ジョンソン監督『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』レッドカーペット・イベント
  • ダニエル・クレイグ - (C) Getty Images
  • クリス・エヴァンス -(C) Getty Images
  • アナ・デ・アルマス(C)Getty Images
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ライアン・ジョンソン監督がオリジナル脚本で、ミステリーの女王アガサ・クリスティーに捧げる最新作『Knives Out(ナイブズ・アウト)』(原題)の日本公開が、2020年1月に決定し、海外版予告が解禁。ダニエル・クレイグ、クリス・エヴァンス、アナ・デ・アルマス、ジェイミー・リー・カーティス、トニ・コレットら超豪華キャストが集結している。

全員容疑者!世界的ミステリー作家の密室殺人事件を名探偵が紐解く


「10代のころからアガサ・クリスティーの根っからのファン」だというライアン・ジョンソン監督がオリジナル脚本とこれ以上ない豪華キャストを集結させて完成させた本作。N.Y.の豪邸で世界的ミステリー作家が85歳の誕生日パーティーが開かれた翌朝、遺体で発見される。名探偵ブノワ・ブランは、匿名の人物からこの事件の調査依頼を受けることになるが、パーティーに参加していた資産家の家族や看護師、家政婦ら屋敷にいた全員が第一容疑者に。調査が進むうちに名探偵が家族のもつれた謎を解き明かし、事件の真相に迫っていく。

「アガサの推理物の要素を全部詰め込もうとした。豪華キャスト勢ぞろいで、ヒッチコックのスリラーの要素も絡めながら、設定は現代のアメリカになっている」と自信をのぞかせる監督が、正統派ミステリーに独自のユーモアと現代社会への鋭い視点を盛り込み、最後の最後まで観客を翻弄する全く新しい傑作エンターテインメント・ミステリーを完成させた。

ボンドvsキャプテン・アメリカ!? オールスターキャストに映画ファン大興奮!



今回解禁された日本語字幕版の海外版予告編には、豪華すぎるオールスターキャストが次々に登場。『007』シリーズの最新作『NO TIME TO DIE』(原題)も控えるダニエル・クレイグが、不敵な笑みを湛えて演じる名探偵ブノワ・ブランに。

ダニエル・クレイグ - (C) Getty Images
『アベンジャーズ』シリーズのキャプテン・アメリカ役でお馴染み、本作ではスーパーヒーローから一転し、周囲を罵倒し強烈なインパクトを残す一家の放蕩息子を演じるクリス・エヴァンス

クリス・エヴァンス -(C) Getty Images
さらに、『ブレードランナー2049』を経て『NO TIME TO DIE』にも出演するアナ・デ・アルマス、『ハロウィン』のジェイミー・リー・カーティス、『ヘレディタリー/継承』のトニ・コレット、『ジャンゴ 繋がれざる者』のドン・ジョンソン、『シェイプ・オブ・ウォーター』のマイケル・シャノン、『ゲット・アウト』「アトランタ」のキース・スタンフィールド、「13の理由」のキャサリン・ラングフォード、『IT/イット “それ”が見えたら終わり』ビル役で知られるジェイデン・マーテル、そして『ゲティ家の身代金』のクリストファー・プラマーたちが、ひと癖もふた癖もあるキャラクターを演じている。

いったい真犯人は誰なのか? そして遺産は誰の手に? フランク・シナトラの「I’m Gonna Live Till I Die」が軽快に盛り上げ、極上のミステリー誕生に期待が高まる予告編となっている。また、同時解禁された場面写真では、事件の真相と家族の秘密を暴いていくブノワ・ブランとエリオット警部補らが写し出されている。

トロント国際映画祭でのワールドプレミアも大熱狂!


『Knives Out』(原題)Motion Picture Artwork (C) 2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved. Photo Credit : Lionel Hahn/Lionsgate
ワールドプレミアとなった9月のトロント国際映画祭では、数ある作品の中で高評価を獲得。その評価が注目された有名レビューサイト「ロッテントマト」では一時、100%の好評価を記録した(9月10日時点)。「最初から最後までワクワクが止まらない」「間違いなく今年一番のエンタメ映画」「世界には『ナイブズ・アウト』のような映画がもっと必要だ」「ハラハラする面白さ」「アガサ・クリスティーの現代版、一級品!」と、作品の面白さを絶賛する声が続出。

「キャストの才能が、すべてのシーンで輝いている」といった豪華すぎるキャストのアンサンブルに加え、注目された“キャプテン・アメリカ”と“ジェームズ・ボンド”の共演にも「エヴァンスが完璧なおべんちゃら男!」「ブノワ・ブラン(ダニエル・クレイグ)の世界なら喜んで何時間でもいたい “ボンドって誰だっけ?”」とそれぞれが演じた役柄にも大満足の評価。

ツイッター上では早くもクリスを抱っこするダニエルの媒体写真が話題になるなど、すでに『007』ファン、『アベンジャーズ』ファンを巻き込み大きな盛り上がりを見せている。


『Knives Out』(原題)は2020年1月、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top