森七菜が“味噌汁”ボイコット!? 斉藤由貴が取った解決策とは『最初の晩餐』本編映像

染谷将太、戸田恵梨香、窪塚洋介、斉藤由貴、永瀬正敏ら日本映画界の実力派が夢の競演を果たした家族の物語『最初の晩餐』。この度、特別映像と場面写真が解禁となった。

映画 邦画ニュース
『最初の晩餐』 (C) 2019『最初の晩餐』製作委員会
  • 『最初の晩餐』 (C) 2019『最初の晩餐』製作委員会
  • 『最初の晩餐』(C)2019『最初の晩餐』製作委員会
  • 『最初の晩餐』 (C) 2019『最初の晩餐』製作委員会
染谷将太、戸田恵梨香、窪塚洋介、斉藤由貴、永瀬正敏ら日本映画界の実力派が夢の競演を果たした家族の物語『最初の晩餐』。この度、特別映像と場面写真が解禁となった。

>>『最初の晩餐』あらすじ&キャストはこちらから

今回解禁された特別映像は、染谷さん演じる主人公・麟太郎が通夜ぶるまいで出された味噌汁を吸いながら思い出した味噌汁のエピソードとなっている。

朝食の準備を整えて「いただきます!」と食卓を囲んだみんながご飯を食べ始めたところ、斉藤さん演じる母・アキコが作った赤味噌の味噌汁に「なにこれ、濁っとる。いつも白かったし、ママの味噌汁がよかった」と、本音を漏らす森七菜演じる美也子。それに対し、楽駆演じる兄・シュンは「じゃ、食べなきゃいいじゃん」と声をあげ、ムカッとなった美也子はその場を去る。翌日の朝食には白味噌の味噌汁が出され、美也子は美味しそうに味噌汁をすするが、今度はシュンが手をつけない。


2人のボイコットが何度か続いていたある朝、出された味噌汁は白でも赤でもない合わせ味噌の味噌汁。「今日からはこれしか作らないと決めたから、食べるのも食べないのも、あなたたちの自由よ」と宣言するアキコに、何とも言えない表情を浮かべる美也子とシュン。ふたつの家族が暮らし始めて、初めての揉め事があった思い出で、合わせ味噌汁がもたらした“家族になる瞬間”を捉えた特別映像となっている。


そして映像の続きでは、麟太郎が覚えているこのエピソードに対し、戸田さん演じる大人になった美也子が「実は…」と声をあげる。本編で語られる味噌汁エピソードの真相に要注目だ。

特別映像と同時に、食卓を囲む一家の場面写真も解禁。味噌汁エピソードによって笑顔になっている森さん、楽駆さんら5人家族の姿がうかがえる。


『最初の晩餐』は11月1日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top