染谷将太&戸田恵梨香&窪塚洋介ら家族写真公開!直筆メッセージも『最初の晩餐』

染谷将太主演映画『最初の晩餐』から、家族写真とキャスト直筆メッセージが到着した。

映画 邦画ニュース
『最初の晩餐』(C)2019『最初の晩餐』製作委員会 
  • 『最初の晩餐』(C)2019『最初の晩餐』製作委員会 
  • 『最初の晩餐』(C)2019『最初の晩餐』製作委員会 
  • 『最初の晩餐』(C)2019『最初の晩餐』製作委員会 
  • 『最初の晩餐』(C)2019『最初の晩餐』製作委員会 
  • 『最初の晩餐』(C)2019『最初の晩餐』製作委員会 
  • 『最初の晩餐』(C)2019『最初の晩餐』製作委員会 
  • 『最初の晩餐』(C)2019『最初の晩餐』製作委員会 
  • 『最初の晩餐』 (C) 2019『最初の晩餐』製作委員会
主演の染谷将太をはじめ、戸田恵梨香、窪塚洋介、永瀬正敏ら豪華俳優陣が出演する映画『最初の晩餐』から、家族写真とキャスト直筆メッセージが到着した。

>>『最初の晩餐』あらすじ&キャストはこちらから

父の遺言“目玉焼き”から始まる唯一無二の<通夜ぶるまい>を通じて、“家族になる瞬間”を過去と現在を織り交ぜながら丁寧に描いた本作。

『最初の晩餐』 (C) 2019『最初の晩餐』製作委員会
今回到着した場面写真は、染谷さん演じるカメラマンの麟太郎が、亡くなった父を送った後撮影した家族の集合写真だ。主人公・麟太郎をはじめ、戸田さん演じる姉・美也子、窪塚さん演じる兄・シュンらが笑顔で写っている。

『最初の晩餐』(C)2019『最初の晩餐』製作委員会 
さらに、集合写真と一緒に到着した直筆メッセージには、主要キャストたちが“家族”についてコメントしている。

染谷さんは「家族とはどういう存在か?」という問いかけに対し「自分が戻れる場所だと思っています。自分が自分でいられる場所だと思いますし、それが理想だとは思いますけど。少なからず、そういう希望を抱けるからこそ、外の世界に一歩踏み出せると捉えています」と語り、直筆メッセージでは「自分の家族に対する感覚もより豊かになった」とコメント。

『最初の晩餐』(C)2019『最初の晩餐』製作委員会 
また、戸田さんにとっての家族とは「よく分からなくなりました。絶対的なものだし、大切で間違いのない存在ではあります。でも、家族であってもその糸は簡単に切れてしまうんだと、この作品を通じて感じました」と本作に触れてまた新たに感じた様子。そして直筆メッセージでは、納得できる答えにたどり着いた心境を綴っている。

『最初の晩餐』(C)2019『最初の晩餐』製作委員会 
ほかにも、窪塚さんは「かけがえのない存在です。とはいえ、かけかえてるんですけども、別れた嫁も今の嫁も仲良く、それを込み込みで、俺らの両親とも繋がっていて、子供も前の嫁の子供と今の嫁の子供もいるけども、それで一つというか。いろんなこと言う人はいるけど、でも別に誰に見せるための家族でもないわけで、自分たちが幸せを感じ、自分たちが必要で寄り添って一緒にいることが幸せだし、うれしいこと」と家族を語り、斉藤由貴は「私は今、子供を持っていて、うまくいかない部分とかもいっぱいあるし、ただ、ステレオタイプのかくあるべき、ということではない。私から一番何を渡せるか、模索している最中です」と心境を。

『最初の晩餐』(C)2019『最初の晩餐』製作委員会 
さらに永瀬さんは「たとえ離れていても側にある。当たり前と感じられていた幸せを今は重く受け止めています」と直筆メッセージを寄せている。

『最初の晩餐』(C)2019『最初の晩餐』製作委員会 
『最初の晩餐』は11月1日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top