ファブ5の日本人大改造に涙の予感「クィア・アイ in Japan!」予告

Netflixオリジナルシリーズ「クィア・アイ in Japan!」の予告編とキービジュアルが到着した。

最新ニュース スクープ
日本が舞台のスペシャルシーズン、Netflixオリジナルシリーズ「クィア・アイ in Japan!」の予告編とキービジュアルが到着した。

現在、シーズン1から4が配信中の「クィア・アイ」は、ファビュラスな5人通称“ファブ5”のフード&ワイン担当:アントニ、インテリア担当:ボビー、美容担当:ジョナサン、カルチャー担当:カラモ、ファッション担当:タンらが、自信を失った人たちを大改造して魅力的に生まれ変わらせるリアリティ番組。

日本を舞台にした「クィア・アイ in Japan!」では、男女合わせて4名の日本人の元へファブ5が向かう!

配信に先駆けてこのほど到着した予告編は、タンの「ジュンビハ ドォ?」という問いかけからスタート! 東京ガイドを務める水原希子、特別ゲストの渡辺直美と協力し、ファブ5たちが日本の依頼者たちのために奮闘する様子が覗ける。

依頼者は、他人のためばかりに時間を使っているホスピスの家の看護師ヨウコさん(57)、ゲイの自分に誇りを持てないカンさん(27)、いじめられた経験を持つイラストレーターのカエさん(23)、妻との関係を見つめ直したいラジオディレクターのマコトさん(35)。映像では、ファブ5たちと過ごすうちに、依頼人たちの表情や言葉、立ち振る舞いまで変わっていく姿を捉えている。


また、渋谷のスクランブル交差点を背景に描いたキービジュアルには、ファブ5がそれぞれの分野の日本的なアイテムを持っている姿が写し出されている。

そしてファブ5は「以前は、料理に最も気を配る国はイタリアだと思っていたけど、日本もイタリアに匹敵すると思う」(アントニ)、「全てが綺麗に整頓されていたんだよ」(ボビー)、「日本の文化には豊かな伝統を感じたの」(ジョナサン)、「日本の人々は、とてもフレンドリーでオープンだった。人見知りをしているのかなと感じたこともあったけど、それは敬意の表れでもあると感じたよ」(カラモ)、「日本人はファッションに関して、とてもクリエイティブで遊び上手で面白いよ」(タン)と撮影時、日本の印象を明かしていた。

Netflixオリジナルシリーズ「クィア・アイ in Japan!」は11月1日(金)よりNetflixにて配信開始。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top