森山未來、全編カザフ語&乗馬で熱演『オルジャスの白い馬』予告

森山未來が初めて海外作品に挑み、第24回釜山国際映画祭オープニングを飾った日本・カザフスタン合作映画『オルジャスの白い馬』から、待望の予告編が解禁となった。

映画 洋画ニュース
『オルジャスの白い馬』 (C)『オルジャスと白い馬』製作委員会
  • 『オルジャスの白い馬』 (C)『オルジャスと白い馬』製作委員会
  • 『オルジャスの白い馬』第24回釜山国際映画祭 (C)『オルジャスと白い馬』製作委員会
  • 『オルジャスの白い馬』第24回釜山国際映画祭 (C)『オルジャスと白い馬』製作委員会
  • 『オルジャスの白い馬』第24回釜山国際映画祭 (C)『オルジャスと白い馬』製作委員会
  • 『オルジャスの白い馬』 (C)『オルジャスと白い馬』製作委員会
  • 『オルジャスの白い馬』 (C)『オルジャスと白い馬』製作委員会
  • 『オルジャスの白い馬』 (C)『オルジャスと白い馬』製作委員会
  • 『オルジャスの白い馬』 (C)『オルジャスと白い馬』製作委員会
森山未來が初めて海外作品に挑み、第24回釜山国際映画祭オープニングを飾った日本・カザフスタン合作映画『オルジャスの白い馬』から、待望の予告編が解禁となった。

>>『オルジャスの白い馬』あらすじ&キャストはこちら

主演を務めるのは、若手実力派俳優である森山未來と、『アイカ』(原題)で2018年カンヌ国際映画祭女優賞に輝いたサマル・イェスリャーモワ。アジアを代表する若手国際派俳優ふたりによるW主演を果たした。

『オルジャスの白い馬』 (C)『オルジャスと白い馬』製作委員会
現在開催中のアジア最大級の第24回釜山国際映画祭では、日本が製作に関わった作品として16年振りにオープニング作品に選出という快挙となった本作。10月3日、ワールドプレミア上映されたばかりだが、国際的な映画ビジネス誌である英国「スクリーン・デイリー」誌は、早くも「寡黙だが、ゆっくりと燃え上がるこのドラマは、劇場の大画面でこそ、より一層高い効果を発揮する」と絶賛評を掲載した。

『オルジャスの白い馬』第24回釜山国際映画祭 (C)『オルジャスと白い馬』製作委員会第24回釜山国際映画祭にて
そんな本作から、カザフスタンの大草原を舞台に描かれる予告編が解禁。広大な空に抱かれた草原の小さな家に暮らし、仕事に出かける父と畑仕事に勤しむ母アイグリと息子オルジャス。家族はいつもと同じ朝を過ごしていた。そんな中、突然父が銃弾に撃たれ、帰らぬ人に。

『オルジャスの白い馬』 (C)『オルジャスと白い馬』製作委員会
一家の大黒柱を失い、大きな岐路に立たされてしまった母子のもとに、ひとりの男・カイラートが訪ねてくる。実は、オルジャスはカイラートとアイグリの間にできた子どもだったが、オルジャスはそのことを知らない。本当のことを伝えられないカイラートと、母から“馬飼い”と聞かされ本当のことを知らないオルジャスの束の間の心の触れ合いが、詩情豊かでありながら抑制されたタッチで描かれ、本作の魅力の一端を感じられる映像となっている。


本作の監督のひとりで、原案に加えてカザフ側のキャストやスタッフを取りまとめたエルラン・ヌルムハンベトフは、「この映画で、私は家族の失われた物語を照らしたかった」と作品に込めた想いを説明する。カザフ語で“強い男”の意味である“カイラット”にちなんだ名前である、森山さん演じるカイラートと父を失った少年の心の触れ合いを描く普遍的な父子のドラマと、大らかにそれを包み込むカザフの果てしない空と大地や光を美しく捉えた映像美にも注目。

『オルジャスの白い馬』は2020年1月18日(土)より新宿シネマカリテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top