山下智久、カンヌで役柄に言及「愛する気持ち」が原動力 国際連続ドラマ「THE HEAD」

カンヌで開催されている世界最大級の国際映像コンテンツ見本市「MIPCOM」に、山下智久をはじめとする国際色豊かなキャスト陣や監督など国際連続ドラマ「THE HEAD」チームがトークイベントを行った。

海外ドラマ レポート
「THE HEAD」カンヌ「MIPCOM」にて
  • 「THE HEAD」カンヌ「MIPCOM」にて
山下智久が出演する、オンライン動画配信サービス「Hulu Japan」共同製作の国際連続ドラマ「THE HEAD」。フランス・カンヌで開催されている世界最大級の国際映像コンテンツ見本市「MIPCOM - The World's Entertainment Content Market」にて、現地時間10月15日(火)、山下さんをはじめとする国際色豊かなキャスト陣や監督など「THE HEAD」チームがトークイベントを行った。

辺境の地にある南極の科学研究基地を舞台に、“極限サバイバルミステリー”を展開する本作は、日本国内で「Huluオリジナル」連続ドラマとして2020年春に配信する予定ほか、ヨーロッパの主要放送局や、中南米、HBO Asiaが網羅する23の国と地域での放送、そして各国の配信プラットフォームでの同時公開が決定。

エミー賞も受賞した世界的ヒットドラマ「HOMELAND/ホームランド」のエグゼクティブ・プロデューサー、ラン・テレムが製作総指揮を務め、日本から山下さんがメインキャストのひとりとして出演する。今年9月には撮影地の1つであるスペイン・カナリア諸島のテネリフェ島で国際取材会も開催され、各国から取材陣が集まるなど、注目度の高さを伺わせていた。

「愛する気持ちがアキを突き動かしている」山下さんの裏話に来場者も興味津々


そんな本作のチームが、超大型国際プロジェクトの醍醐味などをアピールするべく「MIPCOM」に集結。山下さんに加え、イギリスから『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』のキャサリン・オドネリー、デンマークからアレクサンドル・ウィローム、ローラ・バッハ、監督のホルヘ・ドラド、そしてラン・テレムが参加した。

毎年10月に開催されている本イベントは、世界中のテレビ業界から関係者が集まり、高水準の新番組や新フォーマットの上映や売買、さらにエンタメ業界をより進化させる会議やイベントも行われる貴重な機会となっている。

唯一の日本人出演者である山下さんは、国際色豊かな仲間たちとともに自身初となる「MIPCOM」でのトークイベントに登壇すると、「初めて経験する環境だったので、最初はどのようにコミュニケーションをとろうかと心配していましたが、キャスト・スタッフがとても素晴らしく、サポートしてくれて、2カ月半一緒に過ごし家族みたいになれました」と、撮影をふり返ってコメント。

「僕が演じるアキは頭が良くて芯が強い人です。この作品は人の感情のコアな部分を描いているので、共感してもらい、楽しんでもらえると思います」と役について言及、また、MCからの“この役をどのような気持ちで演じたか?”という質問には「LOVE(愛)です。アキはマギー(演:キャサリン・オドネリー)のことを愛していて、その気持ちが彼を突き動かしています。彼はいつも直感に従っている。ロマンチックすぎるように聞こえるかもしれないけど、本当にそう思うし、真面目に言っています」と、会場を温かい空気で盛り上げながら、作品の魅力を全力で伝えていた。

「THE HEAD」は2020年春、Huluにて配信予定(全6話)。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top