ゾッとするのに目が離せない『テッド・バンディ』ほか衝撃映画3選

ザック・エフロン演じるNo.1シリアルキラーをはじめ、呪われた殺戮ホテル、殺人ピエロと、背筋がゾッとするけど目が離すことのできない衝撃の新作映画が目白押しとなっている。

映画 洋画ニュース
『テッド・バンディ』 (C) 2018 Wicked Nevada,LLC
  • 『テッド・バンディ』 (C) 2018 Wicked Nevada,LLC
  • 『テッド・バンディ』 (C) 2018 Wicked Nevada,LLC
  • 『テッド・バンディ』 (C) 2018 Wicked Nevada,LLC
  • 『テッド・バンディ』 (C) 2018 Wicked Nevada,LLC
  • 『テッド・バンディ』 (C) 2018 Wicked Nevada,LLC
  • 『テッド・バンディ』 (C) 2018 Wicked Nevada,LLC
  • 『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』 (C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
  • 『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』本ポスター (C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
『グレイテスト・ショーマン』も記憶に新しいザック・エフロンが、IQ160の頭脳と美しい容姿で“シリアルキラー”の語源になった稀代の殺人鬼を演じる『テッド・バンディ』。本作では、直接的な殺害シーンは描かれないにもかかわらず、恐るべき事件の真相が次々と炙り出されていく。

そんなNo.1シリアルキラーをはじめとした背筋がゾッとするのに目を離すことができない衝撃の新作映画が11月、12月に公開される。

ザック・エフロンが演じるシリアルキラーの語源になった男『テッド・バンディ』12月20日公開


『テッド・バンディ』 (C) 2018 Wicked Nevada,LLC
1970年代のアメリカ、30人以上の女性を惨殺したとされるテッド・バンディ。“シリアルキラー”の語源になった稀代の殺人鬼で、プロファイリングの第一人者である元FBI捜査官に、「テッド・バンディほどチャーミングでな男が、どうして殺害など冒すことが出来るのだろう?」と云わしめ、最後までその二面性で周囲を翻弄し続けた。ポスタービジュアルにも使用された実際の判事の言葉「極めて邪悪、衝撃的に凶悪で卑劣」という言葉のとおりに、その余罪はいまなお謎に包まれており、本当の被害者の数は誰も知らない…。

『テッド・バンディ』 (C) 2018 Wicked Nevada,LLC
しかし、女性にとっては恐怖の対象でしかないはずが、刑務所には連日多くのファンレターが寄せられ、魅惑的なカリスマ性も持ち合わせた男だった。3度死刑判決を受けるものの、無罪を主張。法律を学んでいた彼は、ついには自らが弁護人となり法廷で徹底抗弁を繰り広げた。本作では、世界を震撼させた殺人犯の裏側へと迫ると共に、バンディの長年の恋人(リリー・コリンズ)の視点を通して“善人”としての姿を描き、観客を予測不可能な迷宮に誘い込んでいく。



世界を恐怖のどん底に叩き落す『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』11月1日公開


『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』 (C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
世界各国で大ヒットを飛ばし、ホラー映画史上No.1ヒット作品となった『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』の続編にして完結編。前作で子どもばかりをさらっていき、町を恐怖のどん底に突き落とした殺人ピエロ・ペニーワイズが帰ってくる。

『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』本ポスター (C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
前作から27年後を舞台に、ピエロに立ち向かった「ルーザーズ・クラブ」の面々が大人になって、再び殺人ピエロに対峙する様子を描く。冒険映画のようなハラハラドキドキさせる展開は前作のままに、子どもたちを心の底から震え上がらせた殺人ピエロ・ペニーワイズの恐怖は倍増! 前作では明かされなかった、27年ごとに子どもが消える謎が遂に明かされる続編は、ルーザーズ・クラブの絆が一層試され、恐ろしいながらも最後まで見届けたくなること間違いなしの1作になっている。



大人になったダニーが再び呪われたホテルへ『ドクター・スリープ』11月29日公開


『ドクター・スリープ』 (C)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved
スティーヴン・キングの小説を原作にし、ロンドン王立大学の研究チームによって“数学的計算による世界最高のホラー”にも認定された傑作『シャイニング』の40年後を描いた続編。

『ドクター・スリープ』本ポスター(C)2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved
呪われた雪山のホテルで父親に殺されかけるという悲惨な過去を体験したダニーが大人(ユアン・マクレガー)へと成長、前作で惨劇を繰り広げ、封印されたはずのホテルに再び向かう。子どもの頃に彼が持っていた不思議な力と同じ力を持った謎の少女・アブラと共に、亡霊たちが巣食い、人を狂わせる呪われたホテルで起きる新たな恐怖に立ち向かう様は、心の底から恐ろしくも目が離せないこと間違いなし! 彼らに待ち受ける想像を絶する結末を見逃さないで。

《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top