佐藤健に松岡茉優が掴みかかる! 三兄妹ぶつかる緊迫のシーン映像『ひとよ』

佐藤健が主演し、鈴木亮平&松岡茉優と“三兄妹”を演じる映画『ひとよ』から、彼らの兄妹喧嘩を切り取った本編映像が公開された。

映画 邦画ニュース
『ひとよ』 (C) 2019「ひとよ」製作委員会
  • 『ひとよ』 (C) 2019「ひとよ」製作委員会
  • 『ひとよ』(C)2019「ひとよ」製作委員会
  • 『ひとよ』 (C) 2019「ひとよ」製作委員会
  • 『ひとよ』 (C) 2019「ひとよ」製作委員会
  • 鈴木亮平『ひとよ』 (C) 2019「ひとよ」製作委員会
  • 『ひとよ』 (C) 2019「ひとよ」製作委員会
佐藤健が主演し、鈴木亮平&松岡茉優と“三兄妹”を演じる映画『ひとよ』から、彼らの兄妹喧嘩を切り取った本編映像が公開された。

>>『ひとよ』あらすじ&キャストはこちらから

公開間近の本作から今回到着した映像は、三兄妹が揃うスナックでのワンシーン。


子どもたちを守るために、母こはる(田中裕子)が暴力を振るう夫を殺めた一夜の事件から15年。こはるは三兄妹のもとへ帰ってくるが、兄妹たちが生まれ育ったタクシー営業所への嫌がらせが再開、そこである事実が発覚する。

これをきっかけに、次男・雄二(佐藤さん)、長男・大樹(鈴木さん)、末っ子・園子(松岡さん)の3人が、園子の勤め先のスナックで口論に。殺人を犯してまで自分たちを守ってくれた母へ葛藤を抱える大樹と園子の一方、「代償考えないで子供置いて出て行って、自分は禊も済ませたつもりで帰ってきて、冗談じゃねえよ!」と、事件のせいで世間から冷たい視線に晒され続けてきた15年間を許せない雄二。

そんな3人それぞれが抱えてきた思いがほとばしり、激しくぶつかり合う緊迫のシーンとなっている。

『ひとよ』 (C) 2019「ひとよ」製作委員会
本作には「他人であろうと家族であろうと、人間関係は一度クラッシュしないと前には進めないのではないか」というメッセージが込められているという監督の白石和彌。本映像は、彼らが家族だからこその苦悩や葛藤を経て、衝突しながらも前に向かおうとする姿が映し出されているのだ。

さらに白石監督は、兄妹を演じる佐藤さん、鈴木さん、松岡さんを決して仲が良いだけではない絶妙な距離感も含めて「本当の兄妹にしか見えない」と絶賛している。

『ひとよ』 (C) 2019「ひとよ」製作委員会
一足早く本作を鑑賞した俳優・中村倫也は「尊い気持ちに気付かせてくれる、全てが絶妙に噛み合い、絡み合った、傑作だ」と絶賛し、主演の佐藤さんと仲良しの芸人「千鳥」ノブも「家族というものに対する言葉の数々と描写が厳つ過ぎて父親になった事を今一度考えさせられ、ぐしゃぐしゃに泣きました。絶対に観てください」と熱いコメントを寄せている。

『ひとよ』は11月8日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top