福士蒼汰×伊藤あさひ“ヒーロー共演”にエールの声多数…「4分間のマリーゴールド」第6話

人の“最期”が見える救命士を福士蒼汰が演じて主演する「4分間のマリーゴールド」の第6話が11月16日(土)今夜放送。苦悩する新人救命士役で出演する伊藤あさひの演技と、横浜流星演じる藍の受験生ぶりに注目が集まっている。

最新ニュース スクープ
「4分間のマリーゴールド」第6話 (C) TBS
  • 「4分間のマリーゴールド」第6話 (C) TBS
  • 「4分間のマリーゴールド」第6話 (C) TBS
  • 「4分間のマリーゴールド」第6話 (C) TBS
  • 「4分間のマリーゴールド」第6話 (C) TBS
  • 「4分間のマリーゴールド」第6話 (C) TBS
  • 「4分間のマリーゴールド」第6話 (C) TBS
  • 「4分間のマリーゴールド」第6話 (C) TBS
  • 「4分間のマリーゴールド」第6話 (C) TBS
人の“最期”が見える救命士を福士蒼汰が演じて主演する「4分間のマリーゴールド」の第6話が11月16日(土)今夜放送。苦悩する新人救命士役で出演する伊藤あさひの演技と、横浜流星演じる藍の受験生ぶりに注目が集まっている。

手を重ねた人の“死の運命”が視えてしまう特殊能力を持つ救急救命士・花巻みことに福士さん。みことが“死の運命”を視てしまった義理の姉・沙羅に菜々緒。沙羅の兄で長男の廉に桐谷健太、“お料理男子”な弟の藍に横浜さんといったキャストが出演する本作。

幼い頃、みことの父の再婚で義理の兄弟となった4人だが、たまたま手を重ねたことでみことは沙羅が来年の誕生日に死んでしまうことを知る。運命を変えられないことに思い悩むみことだが、兄妹たちに“死の運命”が視える能力のことを伝え、皆で沙羅の運命を変えようと動き出した…というのがこれまでの展開。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
今回は年が明け2019年1月となり、沙羅の運命の日まで9か月を切ったある朝、みことは沙羅に「結婚しよう」とプロポーズするが、廉から「沙羅の命を守れなかった時のことを考えているんじゃないか?」と指摘されたみことは動揺する。そんななか沙羅は“自分がいなくなることでみことに辛い思いをさせたくない”からと結婚をやめようと言い出す――というのが今回のストーリー。


みことと沙羅たちの物語と並行して、今回はみことの後輩の新人救命士、上田の心の葛藤も描かれた。心身ともに疲弊し内勤への異動を考える上田の、誠実でまじめな姿に「自然と真面目な雰囲気が役柄から垣間見えたのがとても良かった。上田君にもあさひ君にも頑張れを送りたくなる」「上田くん役、あさひ君らしさが出ててとても良いキャラクターだなぁと思う」など、上田と彼を演じる伊藤さんへのエールの声が送られる。


また福士さんはライダー出身、伊東さんは戦隊モノ出身と、ともに特撮からブレイクした俳優ということもあり「伊藤あさひさんと福士蒼汰の共演!!熱い!!」「みことも上田くんも全能のヒーローみたいにみんな救えたらいいのに」といった感想も。


特撮出身といえば藍役の横浜さんも戦隊モノ出身。沙羅を救うために薬膳を研究、廉から受験に集中しろと言われるもそこでみせた成績表は“オールA”…そんな優等生ぶりに「初めて恋をした日に読む話」での“ゆりゆり”を思い出した視聴者も数多く、SNSには「藍くんって頭いいんだね なんかはじこいを思い出しちゃったわ」「藍くんが受験勉強してるの見てると、東大目指して予備校で頑張ってた無敵ピンク頭の姿を思い出す」といった声もちらほらと寄せられていた。

《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top