“義母”メリル・ストリープとの争いの行方は…「ビッグ・リトル・ライズ」S2リリース決定

ニコール・キッドマン、リース・ウィザースプーンに大御所メリル・ストリープも加わり、3大アカデミー女優の競演で話題を呼んだ海外ドラマ「ビッグ・リトル・ライズ」シーズン2のリリースが2020年2月5日(水)に決定した。

海外ドラマ スクープ
ニコール・キッドマン、リース・ウィザースプーンに大御所メリル・ストリープも加わり、3大アカデミー女優の競演で話題を呼んだ海外ドラマ「ビッグ・リトル・ライズ」シーズン2のリリースが2020年2月5日(水)に決定した。

2017年にHBOで制作&放送が開始され、賞レースを席捲した「ビッグ・リトル・ライズ」は、ニコールの主演女優賞をはじめゴールデン・グローブ賞4冠、エミー賞8冠と大旋風を巻き起こした。今回のシーズン2には、デイビッド・E・ケリー(脚本・製作総指揮)やジャン=マルク・ヴァレ(シーズン1監督・製作総指揮)らスタッフが再集結。ニコール、リースも製作総指揮に名を連ねる。

カリフォルニアの高級住宅地を舞台に、子どもたちの学校で起きたある事件をきっかけにして、セレブママたちの抱える闇やそれぞれの秘密が明らかになっていく様をスタイリッシュに描いたシーズン1。物語が完結するシーズン2は、セレステ(ニコール)の姑メアリー(メリル・ストリープ)が訪ねてくるところから幕が開ける。

ストーリー


子どもたちの通う学校では新学期が始まり、セレステたち5人が再会する。その中で、ボニー(ゾーイ・クラヴィッツ)だけは心ここにあらずといった様子だった。マデリン(リース・ウィザースプーン)は、セレステの義母であるメアリー・ルイーズから信用できないと批判を受ける。さらに、娘アビゲイルが大学へは進学しないと言い出す。一方、ジェーン(シェイリーン・ウッドリー)は新しい職場でコリーという男性と出会うが、“あの事件”以降、レナータ(ローラ・ダーン)も含めた彼女たちが“モントレー5”と呼ばれていることを知らされるーー。

<「ビッグ・リトル・ライズ<シーズン2>」リリース情報>
2020年2月5日(水)DVDレンタル開始
■レンタル各巻 Vol.1-4 全7話(各巻2話収録/各話約55分)
※Vol.4のみ1話収録 ※日本語字幕のみ
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top