マッケンジー「ジェンダーの問題の深さに気付く」出演ドラマの独占コメント入手

『ターミネーター:ニュー・フェイト』で注目度急上昇中のマッケンジー・デイヴィスがHuluプレミア「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」について語るコメントを独占入手。

海外ドラマ スクープ
「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」S3 (C)2016 AMC Films Holdings, LLC. All Rights Reserved.
  • 「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」S3 (C)2016 AMC Films Holdings, LLC. All Rights Reserved.
  • マッケンジー・デイヴィス「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」(C) 2016 AMC Films Holdings, LLC. All Rights Reserved.
  • マッケンジー・デイヴィス「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」(C) 2016 AMC Films Holdings, LLC. All Rights Reserved.
  • マッケンジー・デイヴィス「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」(C) 2016 AMC Films Holdings, LLC. All Rights Reserved.
  • マッケンジー・デイヴィス「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」(C) 2016 AMC Films Holdings, LLC. All Rights Reserved.
  • 「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」S3 (C)2016 AMC Films Holdings, LLC. All Rights Reserved.
  • 「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」S3 (C)2016 AMC Films Holdings, LLC. All Rights Reserved.
  • 「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」S3 (C)2016 AMC Films Holdings, LLC. All Rights Reserved.
『ターミネーター:ニュー・フェイト』の新キャラクター・グレース役で注目度急上昇中のマッケンジー・デイヴィスが出演する、Huluプレミア「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」の待望の最新シーズン3が11月23日(祝・土)より配信開始。

この度、シーズン1より“タンクトップがよく似合う”型破りな天才プログラマー、キャメロン・ハウを演じているマッケンジーが、転機を迎えるシーズン3について語るコメントをシネマカフェが独占入手した。

マッケンジー・デイヴィス「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」(C) 2016 AMC Films Holdings, LLC. All Rights Reserved.
本作は、1980年代のパーソナルコンピュータ黎明期のアメリカを舞台に、パソコン業界で革命的な新製品を生み出そうとする人々を描く波瀾万丈のヒューマンドラマ。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『ホビット』のリー・ペイスが元IBM社員の野心家ジョー・マクミラン、「ナルコス メキシコ編」『アルゴ』のスクート・マクネイリーが画期的なアイディアを持つ技術者ゴードン・クラークを演じ、その妻ドナを『アルゴ』でも夫婦役だったケリー・ビシェが演じている。


「私も良い演技をしなきゃと駆り立てられます」


「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」S3 (C)2016 AMC Films Holdings, LLC. All Rights Reserved.
最新のシーズン3では、1986年のカリフォルニア州シリコンバレーに舞台を移し、キャメロンとドナが立ち上げた通信ゲーム会社“ミューティニー”のさらなる事業拡大を図ろうとする姿や、ゴードンが開発した“セキュリティシステム”を売ることで成功を収めていたマクミランのその後が描かれる。

「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」S3 (C)2016 AMC Films Holdings, LLC. All Rights Reserved.
この豪華実力派俳優陣の顔ぶれに、マッケンジーは「とても良い俳優仲間たちと仕事ができています。皆、好奇心に満ちた度量の広い人たちで、これまで一緒に仕事した中でも最高のチームです」と自信を覗かせる。

「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」S3 (C)2016 AMC Films Holdings, LLC. All Rights Reserved.
「メインキャストの4人は、撮影の時いつも顔を合わせるのですが、私は彼らに会うといつも、元気をもらい、俄然やる気が出てきます。魅力的で才能ある彼らは、仕事に対する姿勢が素晴らしく、私も良い演技をしなきゃと駆り立てられます。彼らと一緒に仕事をし、各々の才能を結集して撮影に臨めることは、本当に良い経験です」と、大いに影響を受けていることを明かす。

舞台はシリコンバレーへ「女性であるという面も、これまで以上に意味を持つ」


マッケンジー・デイヴィス「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」(C) 2016 AMC Films Holdings, LLC. All Rights Reserved.
シーズンを重ねるごとに人間的にも成長してきたマッケンジー演じるキャメロンだが、シーズン3でドラマの舞台が“シリコンプレーリー”と呼ばれたテキサス州ダラスからシリコンバレーに移ったことについて、「シリコンバレーに進出することで、ドナとキャメロンが立ち上げた通信ゲーム会社“ミューティニー”は、大きな池の中の小さな魚になってしまいました」とマッケンジー。

「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」S3 (C)2016 AMC Films Holdings, LLC. All Rights Reserved.
「クリエイティビティとアイデアを純粋に追求するのではなく、マネーを重視する市場に参入することになったのです。シリコンバレーはマネーがはびこる男性的な世界です。今シーズンでキャメロンとドナは、才能あふれるビジネスの成功者というだけではなく、二人が女性であるという面も、これまでのシーズン以上に意味を持ちます。何百万ドルものマネーが動く世界で、彼女たちは自分たちの会社の製品の価値を証明しなければならなくなったのです」と語り、男性的価値観が支配するシリコンバレーに移ったことが、キャメロンたち女性キャラクターに大きな影響を与えていることを示した。

「演じ手として、私は女性であることを意識したことはない」


マッケンジー・デイヴィス「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」(C) 2016 AMC Films Holdings, LLC. All Rights Reserved.
さらに本作は、昨今エンタメ業界でも話題となっているビジネスにおける男女平等への関心を高めることにもつながると言う。「この問題についてベストなアプローチのひとつは、彼女たちの能力や野心を示す方法を、女性であるという事実から焦点を当てないことだと思います。ドラマの中では、誰かがそのこと(彼女たちが女性であること)を話題にして初めて、彼女たちは自分たちが女性であることを自覚するのですから」。

「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」S3 (C)2016 AMC Films Holdings, LLC. All Rights Reserved.
「演じ手として、私は女性であることを意識したことはなく、視聴者の立場であっても、ドラマの中で誰かがそのことに触れない限りは、すっかり“女性問題”について忘れてしまっています」とマッケンジー。だが、今回「キャメロンとドナは、ベンチャー企業投資家のオフィスに行って初めて、この業界におけるジェンダーの問題の深さに気付くのです」と語っている。

「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」S3 (C)2016 AMC Films Holdings, LLC. All Rights Reserved.
最後に、シーズン3の見どころについては「今シーズンは自信を持ってお勧めできます。まるでずっと追い続けていた何かにようやくたどり着いた、そんなシーズンです。毎シーズン素晴らしいのですが、回を追うごとに段々と良くなっていると感じています」と自信たっぷり。

「やりがいがあって、飽くことなく追究ができるこの仕事に打ち込めることに感激しています。とにかく、私たち同様に視聴者の皆さんにも楽しんでもらいたいです」と締めくくっている。

マッケンジーの言葉を裏付けるように、全米批評サイト「RottenTomatoes」で本作のシーズン3はトマトメーター、オーディエンススコアともに96%という高評価を獲得している。いま日本でもファンが急増中、今後の活躍がますます期待されるマッケンジーの渾身作は見逃せない。

「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」S3 (C)2016 AMC Films Holdings, LLC. All Rights Reserved.
Huluプレミア「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」シーズン3は11月23日(祝・土)より独占配信スタート、以降毎週土曜日に1話ずつ追加予定(全10話)。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top